近代型詰所-その4-

サッシと人の出入口はアルミ引き戸風に銀色、倉庫の扉と屋根をねずみ色1号を吹き付けました。

 

この後階段と外廊下を取り付けます。

 
お名前.com

イメージはココをデフォルメした感じが近いです。駅の横なので目隠し板が張り巡らされています。

 

消火設備などは必需品です。ソニックシティーのイベントでYSKの事務机などを仕入れて室内の製作にかかります。










カテゴリー: ストラクチャー | コメントをどうぞ

近代型詰所-その3-

ヘッポコ工場長が海外へ行けない分、周囲が結構海外行きだして、会社の後輩が香港へ行ってお土産買ってきてくれました。

 

メロンのお菓子だそうで、漢字だと蜜売りって書くようです。

 

さて、近代型詰所の倉庫前には石炭のようなモノがモールドされています。コレは何なんでしょうね?

 

削ぎ取っても裏がこの様な感じなので穴が開いてしまいます。しかも、基礎が高く設定されているため建物へは数段の階段を上がる必要があります。

 

箱絵を見る限り階段には手すりが無いようなので安全衛生上労災の危険があり問題があります。

2134 未塗装ストラクチャーキット 近代型詰所(再販)[グリーンマックス]《発売済・在庫品》

価格:1,080円
(2018/12/17 20:35時点)
感想(0件)


 

周りをニッパーでジャギジャギ切り取ります。

 

フラットにしました。建物はボス穴を使って位置決め出来るようにしておきます。

 
大人の日帰り遊び|ポケカル

続いて建物にサッシ部分等の塗装を施します。











カテゴリー: ストラクチャー | 2件のコメント

東京入管

先日、東京入国管理局の横浜支局まで行って来ました。今年は年末のシメの海外行けない分、外国人の友達が所持している在留者カードの延長申請の付き添いで行き、ちょっとした異国気分を味わってきました。

 

品川の東京入管は激混みで駐車場も大混雑だそうですが、コチラはガラガラで難なく入れました。都内在住や都内就労の方は横浜支局は管轄外になるためココへ来てもダメだそうです。駐車場の警備員さんみんな敬礼するから恥ずかしくなってしまいます。

 

こんな場所に来るなんて夢にも思っていませんでしたが、海外の知り合いが増えるとこう言う機会が多くなりそうです。格安コンサル業でバイトしようかな(笑)

 

残念ながら館内は撮影禁止です。中には印紙などを扱っているミニストップが入っています。

 

支局の前はトヨタの工場になっています。

 

入管の先はトヨタ横浜事業所で行き止まりです。埋め立て地の一番先端にあります。

欧州行き早割り運賃「オリックス40」76,300円~人気のヨーロッパ10都市へ【カタール航空】





カテゴリー: ストラクチャー | コメントをどうぞ

0系去って10年

10年前の12月14日は0系新幹線のさよなら運転が行われました。もう10年経つんですね。さよなら運転日は混雑を嫌い行きませんでした。

 

東海道区間からは早く無くなりました。

 

こだま号の乗車率の低迷に悩んだ東海側も末期は旅客誘致作戦で2&2シートなんかをやったりしていました。

 

西日本に所属の0系新幹線は独特のカラーにされました。この色は最初好きになれませんでしたが、慣れてくればコレしか無い0系を気に入るしかありませんでした。

 

末期が近づくと原色に戻されました。

 

元ビュッフェ車なんかも楽しい作りでした。

 

売店コーナーでしたっけ?

 

無くなる直前は10日にいっぺん位福岡に通った記憶があります。

 

日頃の記録は大切です。





カテゴリー: 鉄日記 | 2件のコメント

レール山越器

先日大船駅を通った時、東海道貨物線でレール交換が行われていました。もの凄い人数の作業員です。

 

線路上に跨がっているモノがあります。レール山越器(やまごえき)といい、チェーンブロックに付随したロック金具でレールをつり上げて横梁上を枕木方向に移動させ、レールを左右に動かす機材です。新しいレールを外側から据え付けたり、古いレールを外側に置いたりします。

 

足の部分を折りたたむことが可能です。YSK当たりからの発売を期待したいです。ツィッターではコレを可動自作した方もいらっしゃいます。コチラは手動のチェーンブロックです。

 

取り卸しクレーンが無い箇所で、チキからレールを取り降ろすときにも使用されます。

[鉄道模型]モデルアイコン (N) 717A1 国鉄チキ6000 2両組キット

価格:2,754円
(2018/12/12 10:54時点)
感想(0件)


チキで運ばれたレールを何十本も取り降ろすためコチラは電動チェーンブロックが使用されています。

 

コチラはI型鋼の横梁を使用しています。

 
大容量200GB~、メールアドレス数無制限、共有SSL対応のレンタルサーバー『ヘテムル』

梁はユニックなどでつり上げてA型のだけにバラしてトラックなどで運んでいきます。








カテゴリー: ストラクチャー | コメントをどうぞ

今年はお休み

ここ数年、この時期はドイツを中心に出かけていましたが、今年は休暇無いため旅行を断念です。流石に休暇使いすぎです(笑)
この時期はドイツまでJALで片道4万5千円くらいで行けるのでいつもこの時期を選んでいました。最安値の時は4万円切ります。今年も今週から4泊6日で寝台列車に乗る計画を立てていましたが、如何せん休暇無い!

カタール航空は世界150以上の都市へ就航!

 

丁度1年前に行ったパリですが、今年は凱旋門が暴動でエライ事になっています。今年は行かないで良かったです。

 

モジュールに信号機を設置するに当たり、基板の設置方法を、ワンダーランドの写真で思い出しながら検討します。

 

意外と台枠にネジ止めのアッサリなんです。

海外発激安ガジェットショップ!送料無料!【DX.com】






カテゴリー: 鉄日記 | コメントをどうぞ

近代型詰所-その2-

マーボー堂師匠も気がついたこの旗。残念ながらキットには入っていませんが、「春斗勝利」とか書いてあると楽しいような?
このキットは昭和40年代の国鉄の一般的な詰所をデフォルメした様な作りです。国鉄では近代化の名の下、車両だけで無く施設類も近代化を成し遂げます。建物に関しては「諸建物面積基準」なる規程があり、所属人員から割り戻された様な数値で建物の面積が決められていました。また、それ以前は特に浴場などの水回りは工事費が嵩むため別棟でしたが、昭和30年代後半からの建物内には浴場が設けられるようになりました。当時の建設基準では浴室は昭和を物語る「モザイクタイル仕上げ」が明記されています。




 

さて、内側外側共に白色で塗ります。クレオスの#62艶消し白に更に艶消し材を混ぜた物を吹き付けます。

 

コンクリートブロックっぽい建物仕上がりなので白で行きます。が、外気温が高いためか水を吹いてきてしまったので一旦止めておきまた後日再塗装です。

 

1階は検車係員の詰所と備消品庫で、2階の左が乗務員休憩所、右が仮眠室で真ん中はシャワー室とトイレ、台所という設定です。







カテゴリー: ストラクチャー | 4件のコメント

近代型詰所-その1-

車庫の片隅に置く建物です。かなり前に購入したGMの近代型詰所を配置します。乗務区レベルでは無く、乗務員の休憩所、宿泊室と検車係員の待機所がある程度の想定です。

2134 未塗装ストラクチャーキット 近代型詰所(再販)[グリーンマックス]《発売済・在庫品》

価格:1,080円
(2018/12/4 20:44時点)
感想(0件)


 

パーツはそんなに多く無さそうです。

 

夜景対応にするため室内側に銀色を吹きつけました。

海外発激安ガジェットショップ!送料無料!【DX.com】






カテゴリー: ストラクチャー | 2件のコメント

工場月例

相変わらずホビダスブログ安定してないです。3ヶ月ぶりの工場月例です。最近は電気工作ばかりなので車両まで手がまわりません。東急8000系の屋根を塗り終えた程度で変化ありません。

 

屋根は更新後の状態のため白く塗ります。

現金がどんどん貯まるオンラインモール

床板もロンリウムの表現っぽくクリーム1号を塗りました。「おぃ、コレは車内Wi-Fi要らないから。」っと言っているかは分かりません。
えんじ色の座席を置きたくなります。

カタール航空で人気の世界都市へお出かけください。





カテゴリー: 工場日報-その他 | コメントをどうぞ

ステンレスカー60周年

日本初のステンレスカー東急5200系がデビューして今日が60周年の記念日です。国鉄のサロ153-900とは僅差でデビューしたため「日本初」を名乗っていますが、枠組みは普通構で組まれているのは有名な話しです。そして意地として国鉄より先にデビューさせた東急トップ人達の顔が想像出来ます。

 

湘南顔の前面ですが、ステンレスのせいか今見ても古くささを感じません。上田交通に行ったあと長津田車庫で保管の後、旧東急車輌製造で保管されるようになりました。

 

昭和61年の奥沢車庫で、手前の5000系は上田交通に譲渡されるため試運転でやってきていた車両です。1編成しか無い故、情報の無い時代なかなか走行写真を撮れる機会はありませんでした。

 

5000系と共に上田交通に行った5200系のうち倉庫兼部品取りとして行ったデハ5211です。錆びない倉庫という感じで譲渡されたようです。

 

しかし、車庫が手狭になってきたので現地で解体されました。「電車は頑丈で壊せないよ」と言っていたのは請け負った解体業者さんです。

 

ユンボのニブラでは刃が立たず、最後ガスで切断していました。

 

新着スマートフォンXiaomi, Doogee, Huawei【DX.com】

誕生の地、金沢八景のJ-TRECへ帰って来たデハ5201は敷地内では電源も引かれ前照灯が点くようになっています。100年経ってもピカピカで居そうな感じです。







カテゴリー: 鉄日記 | コメントをどうぞ