2017夏・バンコクへ-その2-

編成はちょくちょく変わると思われます。今回は起点側から
1234-1203→←1202-1205
と言う2+2の編成でした。
1205は配管が車体の外に張り出してるちょっとおっかない車両です。

 

車内はざっと窓側座席埋まる程度で出発です。

 

ランポー駅に到着です。ここは交換駅で効率よく撮れるかと思いましたが、イマイチでした。

 

とりあえずメークロン東線で唯一の中間車2101は撮れました。窓が開いていないから冷房車なのでしょうか?機会があれば確認に行きたいです。

 

どなたかは存じませんが、国王になられるかたなのでしょうか?出札窓口の横に大きく貼られています。

 

ココも駅構内には個人商店があったので飲み物は調達できます。

 

2時間炎天下に居て参ってしまったので、上り?で帰ることにします。

 

行きと同じ列車になりましたが、扉が壊れていました。

暑いのでホテルへ帰ります。

-つづく-




 

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

2017夏・バンコクへ-その1-

遅い夏休みを1週間取って、先週末からバンコクへ行き、昨日無事に帰って来ました。暑くて疲れました。

昨年に引き続き、今回も羽田空港から深夜便で飛びます。ヘッポコ工場長が一番交通費のかからない蒲田駅から蒲95シャトルバスで向かいます。

 

チェックインカウンターで荷物を預けE搭乗券を見せると・・・「お客さま確認事項がございますので少々お待ちを」ッと言われどこかに電話をかけていました。
「あれっ、Webチェックインでスペル間違ったかなぁ」なんて思いながらドキドキしていると「本日オーバーセールとなってしまい申しわけございませんが、プレミアムエコノミーへ変更させて頂きます」っと。
たまに「聞くだけ」の話ですが、こういうの初めてでラッキーです。

 

ビジネスクラスなら超ラッキーですが、でも全然ラッキーです。初プレミアムエコノミーシートで、アイマスクやマスク、耳栓、歯ブラシ、スリッパ、靴べらが巾着に入れて置かれています。座席はそこそこ足が伸ばせるし、なんと言っても隣の人の腕が当たらないことが一番でした。

 

食事は最初夜食にパンが出るだけなので、パスして深夜便なのでサッサと寝ることにします。着陸2時間前、現地時間の午前4時前に朝食が出ました。

 

時間帯の関係があるかもしれませんが、バンコクは入国手続きが15分程並ぶだけで入れました。前回もやはり15分位です。しかも、混雑してくると審査窓口を何カ所か開けてくれます。アメリカなんて混雑してきても窓口開けないですから、入るのに1時間以上並びます。

で、前回はエアポートリンクという連絡鉄道で市内入りでしたが、始発までまだ30分近く待つので今回はタクシーで市内へ。タクシー乗り場にある発券機で「ゲットチケット」を押すと乗り場番号の券が出てくるのでその番号の乗り場へ。

 

よくわからないけど中国人向け案内もあり、漢字が出てくるので何となく分かります。ヘッポコ工場長は11番乗り場へ。

夜明けの高速を飛ばしてバンコク市内へ。ちなみに、空港はバンコクの隣のなんちゃら県にあります。距離は30キロ位なので、東京都の羽田に着いて神奈川県の大船に行く感じです。

 

高速代、チップ込みで300バーツ、1000円位です。羽田から大船までタクシーで帰ったらえらいこっちゃです。
ホテルは今回も昨年と同じ常宿チェーンホテルでポイント併用の宿泊です。

 

部屋は最上階の24階です。しかも24階には客室は6室しか無いです。値段が気になり、下に降りてフロントで「予約確認書を見せて最上階6部屋しか無いけどこの値段でいいの?」ッと聞くと「勿論。あなたは私たちの大切なメンバーです。くつろいで下さい。」っとお姉ちゃんがにっこりと。

 

安心して部屋へ入りました。まぁ、別に広くは無いですし納得的な感じでした。

 

ウエルカムフルーツがあり、見た事無いジャガイモのようなもの。食べたらぶどうの様なもでしたが、何だかはワカランチンです。

 

窓下にはBTS(バンコク高架鉄道)の線路が見えます。レイルビュウも素晴らしいです。

 

何かベッドに違和感を感じ見ると、熊が先に寝ていました。

 

ザッとシャワーを浴びて早速BTSに乗ってメークロン東線のウォンウェン・ヤイ駅へ向かいます。

 

懐かしや~。

 

昨年来たときには車止めがありませんでしたが、ゴッツイのが付いていました。色々設備が新しくなっていて、予算が付いたんだと思います。

 

昨年の様子です。左にあるゴミ箱もサイズアップしていました。

 

昨年目を付けておいた形式写真が撮れそうな場所へ向かいます。




 

カテゴリー: 海外鉄日記 | 2件のコメント

メークロンヘ

片道3時間かけてメークロン市場へ見に行ってきました。



カテゴリー: 海外鉄日記 | 2件のコメント

南西へ

昨日の深夜便に乗り今朝は元気の国、タイ王国へきています。

6時にホテルに着いてしまい、アーリーチェックインしました。下にBTSが走ってます。ココは歌舞伎町の様な場所で、右下の黄色建物はキャバクラ街です。

今宵はバンコク泊です。



カテゴリー: 海外鉄日記 | 2件のコメント

工場月例

9月月初めの工場は113系一色と言った感じです。

鋼体場には1000番代の中間車が新規に入ってます。モーターカー達はちょっとペースダウンです。

 

1000番代クハは試走も終わり出荷待ちです。

 

屋根塗装とベンチレータの取付が終わり、インレタ貼りガラス入れとなっています。

 

アルファのキットはサクサク進む良いキットです。

 

 




カテゴリー: 工場日報-その他, 工場日報-113系 | コメントをどうぞ

甲種用品とDE11

先日の東急6000系中間車甲種で、DE11と貫通塞ぎ板周りとかも観察してきました。
到着後専用線始端でトークバックにて進路の打ち合わせ中。

 

かっこいいです。

 

0番代はマイクロから模型がでているんですよね。

 

BONAから出ている貫通路塞ぎ板の本物。

 

後部標識は上の写真からも分かるように仮の胴受けから出ています。

 

握手っぽいです。

 

塞ぎ板は、たろうさんが疑問を投げかけ、会社の持ち物なのか、1回切りなのか気になるところです。

 



カテゴリー: 貨物日記, 鉄日記 | 2件のコメント

東急6000系甲種輸送

昨日、東急6000系中間車の甲種輸送があり、逗子駅まで行ってきました。ホームと外に段差が全く無い地方駅のイメージがある逗子駅いい雰囲気です。皇族の葉山御用邸への移動も考慮されていると思います。

 

DE11がやってきました。初めて撮りました。今回牽引機がDE11と言うことでヘッポコ工場長がいつも撮っているこの場所もかなり賑わっていました。

 

神武寺駅の授受線で新造車を連結して逗子駅まで戻ってきました。現在大井町線の急行は6両編成ですが、混雑緩和のため7両編成にするそうで、そのための中間増結車です。

 

デハ6300形6両で、6301~6306が繋がっています。

 

デハ6303。

 

デハ6302。ずっぴ~。さんによるとクーラーの形が編成に合わせてあるようで、確かに上のデハ6303とクーラー形状が違います。

 


んー。かっこいい!

 

鎌倉駅で降りるとまだ夏休みのせいか結構人が多かったです。買い物するついでに・・・

 

駅前の踏切で。

 

雰囲気だけ撮りました。

 

大井町線は従来5両編成でしたが、急行運転開始に伴い急行を6両編成にしたため、急行停車駅で1両延伸する工事を行いました。2008年自由が丘駅の様子です。

 

現在は更に1両分ホームを伸ばしています。上の写真に写っている踏切までホームが延びてしまいます。

 


カテゴリー: 貨物日記, 鉄日記 | 2件のコメント

113系1000’番代-その12-

TOMIX製のクーラーを載せます。取付穴はKATO、GM用らしく、TOMIX用はガイドに沿って切り開けなければなりません。が、まっすぐ開けるのは難しいので、クーラーはゴム系でチョン付します。

 

ねずみ色1号で塗装完了。

 


カテゴリー: 工場日報-113系 | コメントをどうぞ

東急デワ-その1-

東急のデワと言ってもデワ3040形の荷物電車では無く、デワ3000形の2軸電動貨車です。
デワ3000形は3両いましたが、架線電圧が1500Vへ昇圧したときに改造されること無く、最終的には秋田中央交通へ全車譲渡されました。

鉄コレ秋田中央交通を塗り替えるだけですが、乗務員室扉や側窓の有無があるので厳密にはデワ風です。ついでに鉄コレ貨物列車セットに入っている無蓋車もト3050形にします。

 

バラしてIPAのお風呂に浸けます。

 

 

カテゴリー: 工場日報-東急 | コメントをどうぞ

113系1000番代-その16-

窓ガラスのHゴムとサッシの銀色の色差しをトロトロとやっていましたが、やっと塗り終えました。コレで久々にキットの箱が空きました。

 

Hゴムの方はグレーの塗料が古くなっていたせでデロデロ塗装になってしまいましたが、試作なのでまぁヨシとします。

 

アントで試走線へ移動してきました。

 

幌が工場の片隅に置きっぱなしで取り付けるのを忘れてました。

 

1000’も鋼体場から出て艤装が始まります。

 

 

カテゴリー: 工場日報-113系 | コメントをどうぞ