113系1000’番代-その16-

1000’完成しましたが、床下に白く映えるトイレタンクの設置を忘れていました。

 

白というか茶色っぽいのでしょうか。

 

形状がちょっと違うようですが、銀河のトイレタンクを1000番代の垂れ流し管と共に取り付けることにします。



カテゴリー: 工場日報-113系 | 2件のコメント

工場月例

最近はタブレットで他の方のブログを通勤時に拝見していますが、なかなかタブレットからコメント打つのが億劫で、死語になりつつあるROM専状態です。

月末ですが今年最初の工場月例です。建屋内はほぼ変化なしです。

 

左は1000番代中間ユニットで右は1000’のクハでそれぞれ竣工です。幌がちょっと下側に付いてしまったのでこの後修正しました。

 

1000’番代はこのあと中間車の製作をします。製品化されていないサハは115-300の手掛けを削りだして製作するようです。

 

編成にはならない4両ですが、竣工車両が出場線にこんなに並ぶのは当工場発足以来です。

 

1000’番代はスイッチャー牽引のもと試走線で走行試験中も終了しました。

 

1000番代のMMユニットはケースへ収納完了し先に完成したクハと共に4両編成として運転可能になりました。当鉄道の新たな輸送を担います。1000’はケースが無いのでまだ出場線のままです。

 

車両ケースには今年度初の銘板シールが付きました。



カテゴリー: ストラクチャー, 工場日報-113系 | コメントをどうぞ

2017初冬パリ・ドイツへ-その25・終-

定刻より10分程遅れてフランクフルトアムメイン中央駅に到着です。

 

今まで乗換でバタバタしていてフランクフルト駅の外に出たことが無かったので、今回は駅舎をパチリ。

 

重厚な駅舎です。

 

駅構内はクリスマスの飾り付けでイッパイです。

 

ドイツの鉄道駅ではこの様な注意書き初めて見ました。さすが、ドイツ玄関口の駅だけの事はあるようです。

 

いつもICEで空港へ向かっていましたが、今回は在来線で向かいます。とりあえず行き先を眺めていたら空港経由の列車があったのでコレで向かうことにします。飛行機のマークも描かれているのでわかりやすいです。

 

なんだか分かりませんがディーゼルカーなのでワクワクしながら乗ります。

 

快速列車です。車内は殆ど席が埋まっていましたが、先頭側に空席があったので窓際に座れました。素敵なテーブルが付いています。

 

10分ほどでフランクフルト空港駅の在来線ホームに到着しました。

 

空港駅は在来線ホームと長距離線ホームとにわかれています。

 

空港駅は第1ターミナルにありますが、ヘッポコ工場長はJAL利用のため第2ターミナルへ移動します。連絡モノレールが車両故障か何かで、15分ヘッドと言う大混雑になってました。このあとホームは大混雑になりました。

 

チェックインの30分程前に到着しました。行く先も無いので、チェックインカウンター前でオープンを待つことにします。担当の方は3年連続同じ方で、話しをしたら覚えていてくれました。

 

お土産を買ってカードラウンジで時間を潰します。

 

暖かい食事はありませんが、エアラインラウンジとは比べものにならない位空いていて快適です。

 

19時10分発の787で帰ります。

 

ジャンプシート前で足下が広く快適です。

 

正直機内食飽きてきまして、1食目は睡眠に徹してパスしました。

 

とにかく眠かったです。

 

竜ヶ崎飛行場だっけな?成田が近づいてきました。

 

定刻より若干早く成田に到着しました。

 

到着は一番端っこのスポットでした。

 

いつも外人さんに切符の買い方聞かれますが、今回は聞かれなかった・・・のが、目が合ったら聞かれました。やはり係員さん必要だと思います。

 

成田エクスプレスが1時間空く時間帯に着いてしまいました。快速も東京行きで結局1時間近く待つはめになります。

 

今回はビューカードポイントグリーン券を利用し特急料金のみでの乗車です。

 

金額欄は※印になっています。

 

やっときました。

 

G車ですが、結構な乗車率でした。

 

大船駅に到着しました。

フランスは嫌いなイメージを持っていましたが、鉄道を見る限り好感がもてました。またいつか行ってみたいです。



 

ご笑覧ありがとうございました。
-おわり-

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

ビール

先日のヨーロッパで購入してきたブッシュ社のHOサイズビールの模型です。ビールジョッキ60個入りと書いてあり、4.50ユーロなので約600円です。1杯当たり10円だからお得感がある様な無い様な。
87倍すると1杯870円なのでタイ並みのビールの値段になります。

 

クリアイエローのパーツの他に、普通のクリアとグレー成形色のモノが入っており、ジョッキとサーバーが入っています。

 

泡を色入れします。

 

HOサイズですが、Nゲージのテーブルに載せても違和感ありません。食堂車のテーブルなんかにも載せてみたいです。



カテゴリー: ストラクチャー | 2件のコメント

2017初冬パリ・ドイツへ-その24-

暖を取るためDBラウンジへ向かいます。丁度メトロノームが到着しましたが、乗車旅客が多い感じで結構な混雑のようです。

 

土曜の朝9時から駅構内のビールバーは年配のお客さんでイッパイです。流石ドイツ!

 

フリッツ屋さんは混んでいません。ちょっとそそられます。

 

「サシミ」っという屋号のお寿司屋さんです。

 

ハンブルク来るたびに見ますが、日本の寿司とは程遠いものが多いです。これらを日本の寿司と思われるのはちょっと頂けない感じですが、欧州で受け入れやすくアレンジしてされているのかな?本場のタイ料理にパクチー山盛りしないのと一緒です(爆)
「持ち帰り」と日本語表記もあります。英語はイギリス英語表記で一瞬迷っちゃいます。次回はチャレンジしてみよようかな?

 

お腹がすいて来ましたが、ラウンジへ。

 

ラウンジ内は暖かいです。

 

ハンブルクからフランクフルトへ向かう時毎回このICE75号に乗っていますが、昨年まではスイス・バーセル行きでした。今回初めて見た行き先で、地図で調べたら延長されてスイス・クール行きになっています。

 

でもやって来たのはいつものICE1の編成でした。

 

早速食堂車へ向かいますが、土曜日ということもあり満席です。ラウンジの方はすいていたのでこちらで軽く食事をすることにします。

 

ピザみたいなやつに、カレーソーセージ、ビットブルガービールでドイツの別れで乾杯です。

 

コチラ側は空いていて落ち着いていました。

 

外は寒そうです。

 

列車はフランクフルトへ向けて快調に飛ばしています。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

2017初冬パリ・ドイツへ-その23-

前夜、ホテルで食べたハンバーガー直径が15センチ近くある化け物でした。

 

翌朝、帰国のためハンブルク中央駅からICEでフランクフルト空港へ向かいます。

 

またまた同業者が居ました。何か来るのでしょうか。

 

10時24分発のICEですが、3年前の様に乗り遅れない様に2時間前に来ても注意しながら写真を撮ります。
112型ELの側面には「春闘勝利」あるいは「内閣粉砕」とでも書いてあるのでしょうか。

 

ICが入ってきました。

 

発車案内盤を見ると8時36分発にEN490号と出ています。ENはユーロナイト号、つまり夜行列車でこれはヨーロッパ圏で最後に残った夜行列車になり、オーストリア・ウィーンからやってきます。元をたどるとオリエント急行の残党となるのでしょうか。案内盤には「ご乗車になれません」と大きく書かれています。この先ハンブルク・アルトナ駅が終点です。

 

101型に引かれてやってきました。

車運車付き寝台列車です。かっちょいい!

 

客車の前後に車運車が2両ずつ連結されています。

 

ブルートレインですね。

 

寝台車。

 

オーストリアのレイルジェットと同じ字体でナイトジェットと書かれています。乗ってみたいです。

 

ドア上の国旗からも分かる様にオーストリア国鉄の客車です。

 

バイクもOKみたいです。

 

5分ほど先にある終着駅へ向けて出発しました。

 

反対側の線路になにかやってきました。先ほどの同業者さんはコレ狙いだったのでしょうか。工場長さん曰く復刻塗装だそうです。シャッターのタイミングでポール集電のようなアングルになりましたが、DL機です。

 

メトロノームも入れ替わり立ち替わりやってきます。しかし、ちょっと前まで晴れていたと思ったら急に雪が降ってきて寒いです。

 

完全に雪になりました。寒いのでファーストクラスラウンジで暖を取ることにします。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

113系1000’番代-その15-

行き先は横須賀行きにしました。

 

完成しました。

 

ジャンパーも当たらない位置です。しかし、このシリーズサハが出てないんですよね。編成にはほど遠いかもしれません。



カテゴリー: 工場日報-113系 | 2件のコメント

2017初冬パリ・ドイツへ-その22-

間違えて乗りましたが、次の駅でSバーンに乗り換えます。

 

いつものハンブルク中央駅そばの模型屋さんへ向かいます。

 

お店にはひっきりなしに常連さんがやってきていました。

 

その後ハンブルク・アルトナ駅近くの模型屋に行きました。が、お店は無くなっていました。

 

夕方になりお腹が空いてきました。駅ナカのお店でカレーソーセージをつまむことにします。

 

飲み物とのセットにし、コーラとカレーソーセージです。

 

 

今回のベルギー・ドイツでの戦利品はコチラです。メトロノームの3両セットは衝動買いでした。せっかくなのでメトロノームを乗りに行ってきます。

ホテルへ戻り荷物を置いて、再びハンブルク中央駅へ。当日はハンブルク市内の1日乗車券を購入していて、インフォメーションでメトロノームにも利用できるか聞いたところ、利用可能とのことでちょっと往復してきます。
大抵カメラを構えると皆さん顔をそっぽ向くのですが、右側の女性はずっとヘッポコ工場長の方を見ていました。よく見たら初音ミクのキーホルダー付けていて、親日家だったのかもしれません。でも、中国人によく間違われるヘッポコ工場長ですから、きっと彼女は日本人か中国人か悩んでいたのでしょう(爆)

 

東海道線のG車と同じく、2階席は混んでいたので1階席へ。

 

車内は結構薄暗いです。

 

1駅ハンブルク・ハールブルク駅まで5分程の旅でした。

 

メトロノームは何エリアか区域を持っていて、この列車はブレーメン中央駅へ行く列車です。

 

5分程で再びハンブルク中央駅行きのメトロノームが来るのでそちらに乗車します。座席は満席に近い状態だったので、スナックコーナーに腰掛けていきます。

 

ハンブルク中央駅に到着しました。

今回の旅の行程は全て終了しました。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

2017初冬パリ・ドイツへ-その21-

先週の木曜日からインターネットのルーターが故障してアップ出来ない状態でした。昨日無事交換が完了してインターネットに繋がる様になりました。

ずっと気になっていたアウトバーンの工事車線規制部分も裏側からならよく見えました。

 

コチラは空港関連カーシステムの充電ステーションです。

 

滑走路の末端部も近くで見られます。

 

逆にこちらが見られているようで恥ずかしいです。

 

走行の仕組み部分です。

 

シャッターの先にある転回場です。

 

エレベーターで滑走路の下に降りて来ます。

 

全てコントロールセンターで制御されています。ワクワクした瞬間でした。

 

着陸に出発するところです。

 

着陸動画です。

 

質問しましたが、聞き取れずよくわかりませんでした(爆)

 

っと言うわけで、念願の探検ツアーも参加できて6時間ほど滞在してました。満足したので模型屋経由でホテルへ戻ることにします。
で、右側通行なのを勘違いして反対方向の列車に駆け込んでしまいましたが、次の駅でSバーンに乗り換えればハンブルク中央駅へ行けると言う地理感覚もすっかり身につきました。



ーつづくー

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

2017初冬パリ・ドイツへ-その20-

撮影大橋の反対側です。

 

裏側は何でもありで、魔法の絨毯でしょうか、中東の方々のフィギュアが空中に浮いています。

 

ヤードの裏側もみえます。

 

メトロノームが通過していきます。

 

マーケットと花壇の工事が行われています。コレも裏側からでしか見られません。

 

やはり車庫は裏側からの方がよく見えます。

 

建物の内部、裏側でもよく作られています。

 

こんな小細工泣けてきます。

 

平和の象徴でしょうか。

 

トンネルの上に勝手に住む住人達だそうです。手前の囲いはトイレの様でその管の先は・・・以下略。

 

この辺りは2層ピットになっています。

 

笑うしか無いです。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ