小船工場年度末

今日が金曜日のため実質の年度末となってしまいました。今年度は例年に無く竣工車両が多かったです。

モハ112は貫通引戸と方向幕ガラスは取り付け完了ですが、パンタと避雷器がないためまだ完成しません。

モハ113は竣工しました。

 

キットが良いと製作欲も沸きます。

 

トイレタンクは銀河かトミックスか悩みどころですが、サハ111は竣工待ちです。

 

トイレタンクが完了して竣工です。

 

代わってトラ45000が入場してきました。

 

そして、また、キットの箱が空きました。



カテゴリー: 工場日報-113系 | コメントをどうぞ

相鉄に乗ってカツ丼を食べに行く

相鉄の特急が運転開始されてから1年経ちますが、やっと乗りに行って来ました。

 

平日の下りなので、ガラガラなのを期待します。

 

9000系に乗車します。

 

もちろんボックス席へ。結構個室感があり、化粧中の女性にはいい感じでした(爆)

 

いつも通勤時は反対側から相鉄を見ています。

 

フチに飲み物とかは置けない様です。

 

横須賀線(品鶴線)への乗り入れ工事がたけなわの西谷駅付近です。特急と言っても、この辺りまでは55〜60キロ位で流している運転で、急行とさほど変わりません。

 

二俣川駅を過ぎると、そこそこ乗り込んで来まして、春休みのちびっ子達もボックス席喜んでます。三ツ境駅辺りからは80〜90キロ位でいい感じに飛ばしてきました。

 

大和駅で下車し後続の各駅に乗り換えます。

 

小学生の頃、こういう中間に入った運転台部分の方向幕を動かしたくて、ワクワクしながら乗っていました。今は電動かLEDで、例え有ったとしても怒られるでしょうね。

 

1駅乗り相模大塚駅で下車して線路観察です。

 

30分ほど彷徨いて再び上りに乗り大和駅で下車です。っと言うわけで大和駅にある小田急レストランシステムの「名代箱根そば」こと「はこそば」に到着です。いわゆる小田急の立ち喰い蕎麦屋です。

 

コチラは以前小田急VSEの中で注文したケーキとビール。コレも小田急レストランシステムによる供給です。

 

今回の本題は、後輩が美味しそうな写真を見せてくれて、それに釣られて食べに来たお好み焼き風かつ丼セットです。

 

そばをチョイスし、暑いので冷やしにしてもらいました。

 

端っこはまさにお好み焼きです。真ん中はカツ丼風ですが、マヨネーズの味にカツが負けちゃっている感じです。そばは甘口ツユで、久々のうまうまでした。

 

帰りは江ノ島線で藤沢へ抜けて帰ります。西武の黄色と言い、小田急のこのカラーもだんだん過去帳入りしそうです。



カテゴリー: 鉄日記 | コメントをどうぞ

平荷台大型トラックセットB

トミーテックから発売されたトラコレオープンパッケージ、平荷台大型トラックのうち現代版のBセットを購入してきました。

 

荷台は残念な感じになっていまして、付属のシールを貼ることにより隠す様になっています。前回のトレコレあたりから、サイドガードのしなりがあまり無く、直ぐ折れちゃいそうな気がします。

 

当社小船工場に出入りしている小野運送さんのトラックも平荷台です。

 

コチラはトラコレ第4弾で発売されたいすゞギガのキャブを持つトラックです。速度表示灯が付いた仕様で21世紀初めまでは一般的でした。

 

今回のキャブはふそうスーパーグレートで、速度表示灯がない現代版です。一般貨物を示す「一般」が印刷されています。ユニックは青くなっていますが、荷台部分のあおり戸とユニックはトラコレ4弾と同じようです。

 

セットのもう一台は長尺荷台になっていてコチラも一般貨物が印刷されています。荷台には東急車輌製TS台車が乗っています。陸送セットと合わせることで陸送風景が再現出来る様になっています。

「おっ!」って台車積んだトラック見つけたら今なら直ぐツイッターで情報が共有できます。



カテゴリー: ストラクチャー, 保線日報-自動車 | コメントをどうぞ

ネタ探し

都内へ行く用事があったついでに、あまり行かない場所を彷徨いてみました。

 

降りたのは初めてな様な気がします。

 

何か変な色の都バスが来ました。とにいさんによると復刻塗装のラッピングバスだそうですが、フィルムにクラックが入って残念な感じになっています。

 

クルマの修理は近場の自動車工場に出しているので、今時のカーディーラーってじっくり見たこと無い気がします。

 

充電スペースもあるんですね。トミカタウンだとディーラーが製品として出ているのでNスケールでも出してもらいたいです。模型だとファーラーのベンツショップくらいしか無いですね。

 

都電を見つけました。

 

梶原駅です。昔都電最中買いに来た記憶があります。

 

目的はココです。販促葉書が来ていて、なんだかんだでポイントが650点位もらえるので交通費かけてでも行ってみました。いつも行っていた港北店が閉店で困っていました。

 

買い物を終えて徒歩で王子駅へ向かいます。

 

軌道信号機です。この先急曲線になっているために設置されているのかと思います。

 

南口はひっそりとした感じです。

 

紙輸送用の専用線はサビサビでした。

 

10年前、京浜東北線には209系が走っていました。

 

桜はもう少しで満開のようです。

 

アキバに寄って帰宅しましたが、大船駅で153系を見かけました。



 

カテゴリー: 鉄日記 | 3件のコメント

113系1000’番代-その25-

モハユニットは屋根上工事のうちベンチレータの取り付けと共にクーラーの搬入を待っています。

 

車体はサハと共に方向幕ガラスと貫通引き戸のガラス待ちです。クーラーが到着したようです。

 

クーラーがメーカーから届きました。鉄道輸送では間に合わないので運送屋さんに頼み自動車輸送しました。「シャッターの前に置いて大丈夫かよ?」「中は仕掛品しかないから大丈夫だよ」と電機班長の言葉の通りでごもっともです。
年度末なので新品クーラーは早速建仮品として計上して財務部門へ報告します。

 

「おいおい、クーラー来たけど屋根に穴開いてないぞ・・・」



カテゴリー: 工場日報-113系 | コメントをどうぞ

113系1000’番代-その24-

サハ111もインレタ入れとクリア吹きが完了しました。窓ガラスも入れ終わり、モハユニットと共に屋根上工事のみとなりました。

年度内竣工出来るかもしれません。



カテゴリー: 工場日報-113系 | コメントをどうぞ

TMC400A-その3.5-

昨年のGW明けには完成予定だったTMC400Aですが、よくわからない部分もあり作業が止まっていました。

磯子駅に止まっているのを見かけ観察のため降りてみました。この時は下回りに陰がまわってしまいました。

 

後部の工具箱の様なモノがこの機体では嵩上げされています。

 

別の日に再度行ってみました。光線はイマイチですが、下回りもよくわかり、後位軸側に連結棒がぶら下がっていました。止まっていた場所が変わり、枯れ草がチト邪魔です。

 

コレで工作が少しは進捗すると思います。

 



カテゴリー: 工場日報-保線車 | コメントをどうぞ

遠州鉄道日帰り-後編-

駅舎は立派な駅舎構えになっています。天竜高校が何だったのかは今になって気になります。

 

生徒さんがアーチェリー全国大会に出場だそうです。駅前にタクシーが居るほか、駅舎に向かって右側にバスの駐車場があります。

 

遠鉄バスが入ってきました。乗客が何か質問しているようです。

 

反対側の線路に行ってみると、棒線ホームで天竜浜名湖鉄道鉄道のホームになっていました。列車は1時間に1本やってきますが、ホームには乗客がるので列車がやってくる時刻が近いのかもしれません。

 

ホームは列車がいない時には締切られてしまいます。写真を撮るために入場をお願いしたら入れてもらえましたが、北陸鉄道では安全上入れてもらえず鉄道事業者によっては残念な時もあります。

 

やってきた列車で新浜松駅へ戻ります。最後尾側のお子様席を陣取り、新浜松駅へ戻ります。

 

途中側線のようなものが工事中でした。横取基地っぽいですが、何になるんでしょう?

 

列車は70キロほどで快調に飛ばしていきます。

 

沿線は畑の中なんかを走るのかと想像していましたが、全くの住宅街です。

 

広い工事中の道路もあり、宅地開発が進んでいるようです。

 

起終点間の所用は32分で、軽快に走り新浜松駅に到着です。夜間は4両運転をやっているようで、4両運転の宣伝広告も貼られていました。

 

JR浜松駅へ戻ってきました。

 

在来線側の改札から入場します。特に変わった列車は入線してきませんでした。

 

連絡口を通り新幹線側のコンコースへ入ります。

 

浜松は楽器の街でもあり、河合楽器の展示コーナーがありました。YOSHIKIが使っているクリスタルピアノと同型が展示されていました。ヘッポコ工場長が写真を撮っていると、展示物に気がついた女性旅客達が「キャーキャー」言いながらYOSHIKIのポスターの写真を撮ってました。

 

乗車列車は「ひかり466号」で2時間半ほどの滞在で戻ります。帰りに横浜のヨドバシカメラへ行くので帰路も新横浜経由で帰宅します。

 

やってきたのはN700系です。コンセントが使えて便利です。

 

実は寒かったので長居無用を朝の段階で決めて乗り込んでいきました。帰路はE席が空いていたのでよかったです。

 

朝から何も食べていないので遅めの昼食を駅弁で摂ります。うなぎ弁当と迷いましたが、予算の都合上三ヶ日牛の弁当にしました。

 

タレにニンニクが仕込んである様で、開けた瞬間オイニーが周囲に充満しました。隣に人が居なくてよかったです。次回からは買わない様にします。

 

1時間10分程で新横浜に到着しました。桜木町行きの直通横浜線が来てそのまま横浜のヨドバシカメラへ行けました。



-おわり-

カテゴリー: 鉄日記 | 6件のコメント

113系1000’番代-その23-

ガラスのHゴムとサッシの色入れを行います。トイレ窓も白く塗ります。

 

車体はレタリング入れが終わり、半艶クリアーを吹き終えたあと窓ガラスを入れました。MMユニットは艤装線から出場線側へ移動しました。

 

鳳車輌のステッカーで横須賀行きを貼り付け、この後は方向幕ガラスを取り付けます。

 

サハも構体場から艤装線に出てきました。

 

年度末で棚卸しを控え鋼材の小計を出していますが、課税されないように員数の合わない鋼材を子会社に持って行きます(爆)



カテゴリー: 工場日報-113系 | コメントをどうぞ

遠州鉄道日帰り-中後編-

せっかくなので降りてみます。列車は12分間隔でやってくるのでその間にササッと撮ります。

 

ホキの留置線側へ行ってみるとテールライトを装備したホキが居ます。

 

電源の取り回しがきになりますが、機関車からもらってくるのでしょうか。

 

裏手を覗きます。

 

放置ドラムも良い雰囲気です。

 

電気と保線部門が同居しているようです。

 

車止めと人道踏切が良い雰囲気です。

 

このシート建屋の中に何が居るか気になります。

 

12分経つので駅へ戻ります。駅横には定期券売り場や旅行案内所が併設されていて、本社部門かもしれません。

 

ッと言うわけで12分ギリギリになったのでやってきた列車に再び乗り、終点の西鹿島駅に到着です。本線の奥側も含め駅全体が車両基地になっています。営業列車とはこんな位置関係で、手前が留置線です。

 

列車を降りるとこんな光景になっています。

 

この先は信号機のない留置線になっているため、列停と車停がこんな風に付いています。TOMIXの標識はこの様な付け方が出来ないので改造するかGMの箱裏を切り抜くしかありません。

 

ホームは4両対応になっていて、ホームの起点側が検査場となっています。色々と解読すると構内は6番線まで車庫番線が振られていて、本線に付帯する線路以外は全て非連動になっています。

 

機械洗浄機と洗車台があり洗車線は6番線になっています。更に奥に見える線路は天竜浜名湖鉄道の線路です。

 

検査場は上の梁に番線が書かれていて3,4番線であることが分かります。

 

全検などを行う所は5番線ですが、ココから建屋内の線路は見えませんでした。庇上のウエザリングとか参考になります。

 

本線の末端はこんな感じになっていました。車止めの形状が違うほか、片側は行灯式車止め標識になっています。



-つづく-

カテゴリー: 鉄日記 | 4件のコメント