PCM音源-その5-

PCM音源の拡充を図るためD/Aコンバータを設置します。キット形式ですが、ICは組み立て済みになっている他、出力に近い電解コンデンサーは音響用コンデンサーになっています。




 

S/N比で気を遣う部分のようなので、ハンダは音響に適した銅入りハンダを使用して組み立てます。

 

色々と融通の利くモジュールが組み上がりました。







前回のPCM音源はコチラ

カテゴリー: 電気日報-工作   パーマリンク

PCM音源-その5- への2件のコメント

  1. 建売住宅51 より:

    D/Aコンバータの制作時に、銅入りハンダを使用したんですね。
    ハンダにもこだわるとは、さすがです。
    私も昔、真空管アンプを制作した時は、ハンダにこだわり、和光テクニカルの音響銅入り銀ハンダSR-4シリーズを使っていました。
    当時、100g2750円と少しお高めでした・・。

  2. ヘッポコ出戻りモデラ- より:

    >建売住宅51さん
    音響関連には銅入りハンダと決めていますが、ご存じとは流石!
    またエラクお高いハンダを使ってアンプを製作したんですね。しかも真空管とはすごい!
    真空管見ているだけで楽しいですよね。私は真空管弄ったこと無いですがいつかはチャレンジしてみたい。
    一部不評な!?電気ネタでした(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">