GMで作る東急8000系-屋根と車番選定-

GM製の屋根は8500系が基準となっているので、ランボードが全長に渡って設置されているタイプです。8000系で当てはめると8021~の編成になり、ヘッポコ工場長はこどもの国線仕様にするため、大井町線の車番になります。何度か見た事ある8051Fの最終編成にします。

 
期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

奥から2両目の4号車は元Wパンタ車と言うことで、クーラー位置が異なります。手前の2号車は軽量車体のデハ8400でコレは末期に組み込まれた編成です。今回製作するのはコレが組み込まれる前のデハ8151が入っている編成です。2号車以外はランボードが全体に渡り設けられているのが分かります。ちなみに、本線を走っているのは初期車の冷改車なのでランボードは後付けです。

 
レンタルサーバーheteml

屋根は元々は布屋根でしたが、晩年は絶縁塗装が施されてランボードが目立たなくなってきていました。

 

一番手前のクハ8051は3基目と4基目のクーラーの間にSRアンテナの基台が残っています。送信用、受信用で2個アンテナがあった頃の名残です。写真に写っていませんが、1基目と2基目の間にSRアンテナがあります。

 

話しは変わって自由が丘の車庫は検車区移転後5線ありましたが、18m車が6両運転になってしばらくしてから4線になり、更に18m車が淘汰された後は2線になり、その後三枝分岐器が設置され3本留置が可能となりました。8051Fの写真は3線化改造の時の様子です。下の写真も既に3番線と6番線の使用だけでした。現在は1線だけになり、敷地は「トレインチ」(電車の家の由来)という商業施設になっています。







カテゴリー: 工場日報-東急   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">