2018夏・バンコクへ-その13・最終回-

エアポートレールリンクに乗りスワナンプーム国際空港を目指します。空港が近くなると飛行機も見えてきました。

 

空港に到着です。帰路はビジネスクラスが取れなく、プレミアムエコノミーとなってしまいました。チェックインを終え、手荷物検査場へ。

 

で、ココで大問題発生。出国管理のイミグレで「撮影、携帯禁止」のマークを見て、スマホが無いことに気づきました。もう、わけわからんちんですが、電車を降りたときには調べ物でスマホいじっていて、チェックインカウンターまでどこにも寄っていません。ッと言うわけで、イミグレで誘導整理しているお姉ちゃんに訳話して、手荷物検査場へ戻らせてもらいます。
手荷物検査場にありました!慣れてきたせいか「パパッ」っと手荷物検査場から荷物を引き上げてしまうので、その時確認しなかったんです。出国手続き終えてたらもっと面倒なことになってました。

 

お土産にタイビールを買って帰ろうとしましたが、お土産屋さんでは売っていません。売っているところを聞いても「知らない」っと。すると、フードコートでタイビールを発見。

 

店員さんに「お土産にタイビール持って帰りたいんだけど」っと聞いたら「いいよ」っと言われひと安心。街中で見かけるのと違い、ラベルが首回りにしか無い特別な瓶でした。一番上の段の真ん中にあるのがソレです。

 

いつもはプライオリティパスによるカードラウンジでしたが、今回はプレミアムエコノミーなのでJALラウンジへ。

 
今なら、年会費10%OFF!89ドル(USD)で最高なサービスを~【PriorityPass】

初めてのJALラウンジですが、カードラウンジの方が空いていて過ごしやすいです。




 

チョココロネパンをむしゃむしゃと頂きます。

 

搭乗開始です。

 

残念ながらプレミアムエコノミーです。

 

壁の前なのでゆったり出来ます。

 

バンコクともお別れです。

 

DHC-8かクセが無いと言われるATRでしょうか。

 

空港内の水路に結構鳥が居ます。バードストライクという鳥がエンジンに吸い込まれる事故を防止するため、世界中の空港が対策を施している中、コチラは大丈夫なのでしょうか。

 

ILSやその電源装置と思われます。

 

先行はタイのベトジェットです。タイでは基幹となる空港はもう一つのドンムアン空港ですが、コチラのスワナンプーム空港で見かけるのは珍しいかもしれません。ベトッと言うようにベトナムが資本の会社です。

 

テイクオフ。

 

バンコクを上から見ると沼だらけです。

 

グネグネした川。こんな川は洪水の元だから日本ならまっすぐに直しちゃいますね。一番下のグネは更に右側に張り出していた痕跡が見受けられます。

 

機内食は豚か鶏で鶏をチョイス。

 

ウトウトしているウチに富士山が見えてきました。

 

千葉の川。

 

着陸。マーシャラーが合図してます。

 

114番スポットというまぁまぁな場所です。

 


リムジンバスは行ったばかりで1時間位無いので京急で帰ることにします。国際線ターミナルは始発ではないため、座れないのが残念です。

 

次にバンコクへ行く機会があればちょっと遠くまで足を伸ばしてみたい気もします。いつも元気がある国でした。

独自SSLが年間18,000円(税抜)。レンタルサーバー『ヘテムル





ヘッポコ工場長の夏休みが終わりました。ご笑覧ありがとうございました。

-おわり-

カテゴリー: 海外鉄日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">