2018夏・バンコクへ-その4-

ガラガラで列車が出発します。地方の雰囲気が残るメークロン西線で1時間ほど揺られます。

 

終点メークロンが近づくのを見計らって運転台へ向かい、中へ入れてもらいました。

 

動画でご覧ください。

 

往路はガラガラの車内でしたが、折返し10分で乗車券を購入し戻ると帰路の車内は座ることが出来ない位の乗車率です。

 

帰路もお願いして運転台に入れてもらいます。他の観光客達も入ってきました。

 

運転席は右側です。行路表もあります。

 

車掌側には見たことあるような家庭用スイッチがあります。乗務員室灯や扇風機のスイッチです。

 

扇風機というかファンですね。

 

定刻より若干遅れて出発です。実際、帰路の方が直ぐテントを出し始めるので見ていて楽しかったです。

 

後方の方が見ていて絶対楽しいです。

 

乗務員室から下を覗いてみます。観光客が沢山です。

 

車両を移動して座れる場所を探しましたが、数駅行ったら団体客だったようで皆さん降りていきました。

 

ご覧の様ないつも通りの車内になりました。

 

前回車内からチェックした無蓋車はまだまだいました。

 

1時間ほど揺られてバーンレム駅に帰ってきました。バンコクに到着したその当日に、メークロンまで行けるようになった自分に感心してしまいました(爆)

 

お客さん乗せないで動き出して入換でもするのかとみていると、給油が始まりました。

 

あっちゃこっちゃ点検していました。

 

渡し船のりばへ移動します。観光客なんて歩いていません。

 

再び3バーツ払って乗船します。

 

第2目的の冷房車に乗る・・・は、どうやら無理っぽいです。時刻表に冷房車標記がある列車を狙っていきましたが、車庫に冷房車がいて違う列車がやってきました。

 

残念です。

 

駅ナカマーケットをみたりして出発に備えます。どらえもんが人気あるようですね。ティッシュは全部どらえもんでした。

 




-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">