2018夏・バンコクへ-その2-

バゲッジクレイムでもビジネスクラスだと直ぐスーツケースが出てきます。ササッと外へ出られました。

 

ササッと出てもエアポートレールリンクがまだ動いていません。一昨年利用したとき始発は6時丁度でした。

 

コンコースをウロウロしていたら5時20分頃改札が開きました。始発を聞くと5時30分発と言うことで、どうやら始発が繰り上げられたようです。

 

早朝到着便への救済措置でしょうか。ともかく嬉しい限りです。ご覧の状態で出発しましたが、一駅ごとに乗客が増えていき、市内へ近づく頃には立ち客で満杯になりました。

 

30分程の乗車で終点パヤタイ駅に到着です。

 

この先日本からのLCCが発着するドンムアン空港までの延伸計画があるようですが、まだ何もされていません。2年前と佇まいは変わりません。

 

蒸し暑いので何か飲み物を調達しようと思いましたが、ローソンは7時からと言うことで我慢します。

 

改札で1日乗車券を購入してBTS(高架鉄道)に乗り込みます。ホームドアのデジタルサイネージかっこいいです。

 

この2年連続で使っていたホテルはリニューアル工事による客室減の様で、今回は同じ常宿チェーンで更に2駅先にあるホテルに泊まります。今まではナーナ駅が最寄りでしたが、今回はプロンポン駅で降ります。駅前はZARAやシャネルが入った商業ビルがあり繁華街の中心に近い感じです。

 

改札前にもイベントスペースがあります。中国人民賞タイ2017と書かれています。よくわからんちんです・・・

 

クイーンズパークというのがあり、そこ突っ切っていくと直ぐホテルの裏口に入れます。皆さん早朝から公園の器具を使って体操をやっていました。

 

今回のホテルです。常宿チェーンのポイント併用での宿泊です。

 

駅から5分程で到着。

 

オッサレー過ぎてフロントがよくわかりませんが、机の部分が全部レセプションとなっているようです。

 

フロントに荷物だけ預けようかと思ってましたが、アーリーチェックイン出来るか聞いたところ、「部屋空いているから出来ますよ」ッと言われリクエストします。値段を聞くと「今回は要らないです」っと。素晴らしいのでフロントスタッフにチップを渡しましたが、珍しくなかなか受け取らない外人さんらしくない謙虚なスタッフでしたが、無理に渡してエレベータへ。

 

38階建ての24階です。

 

このホテル系列アーリーチェックインしても殆ど追加料金とられることがありません。ッと言うわけで7時前に部屋へ着き、ちょっとゆっくり出来そうです。

 

なかなか良い部屋です。

 

ベッドから浴室が見えるアダルティーな部屋です。

 

ちょびっとだけレイルビューです。そして、ザッとシャワーを浴びて着替えてテツに向かいます。

 

ホテル前にセブンイレブンがあったので、水を購入します。お店のまん前に屋台出して食べ物を売ってますが、セブンの店長はおこらないんですかね。

 

この時点で7時15分過ぎです。バンコク市内の大渋滞が既に始まっていました。

 

タクシーに乗りメークロン線の駅へ向かいます。バンコクのタクシー運転手はショッピングモールとか観光地なら行ってくれますが、駅名とか言っても殆ど知らず、通り名を言うか、地域の場所を言わないと行ってくれません。タブレットで地図見せてもよくわからず、地図を見るという習慣が無いようです。3回目ともなると乗りこなすことが出来るようになり、片言で地名を言って助手席からナビゲートします。

 




-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">