113系1000’番代-その26-

トイレタンクは検討した結果トミックス製のトイレタンクを使用することにしました。

 

そのままだと下限限界に抵触するので削った後、ミッチャクロンで下地を行い、西武アイボリーでタンクを塗装後ゴム系で接着です。

 

サハには水タンクが必要なのでコチラの部品からタンクを持ってきます。このまま付けるとやはり下過ぎなのでヤスって取り付けます。

 

厳密には場所はもっとトイレ寄りですが、床下機器の大移設が発生するので、空いているスペースに取付雰囲気重視とします。

 

サハは竣工となるためアントで移動して組成試走となります。年度が明けましたが、よく財務屋さんが例える日付で今日は3月34日にあたり、前年度竣工車になりました。

 

トイレタンクが付くと下回りが引き締まります。

 

 

先行竣工したクハにも取り付けてみました。

 

モハ112も避雷器、パンタを取付竣工となりました。

 

トラはカプラー交換と内側の塗装で入場しました。本来の塗装は赤3号のようですが、トキ25000などに比べると若干くすんだ色に感じ、今回は赤13号を吹き付けてあります。また全体がツヤツヤだったため#182艶消しクリアーを吹き付けました。煽り戸を外して整備中で、煽り戸を外すと構内用運搬車としても使用出来そうです。



カテゴリー: 工場日報-貨車, 工場日報-113系   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">