遠州鉄道日帰り-中後編-

せっかくなので降りてみます。列車は12分間隔でやってくるのでその間にササッと撮ります。

 

ホキの留置線側へ行ってみるとテールライトを装備したホキが居ます。

 

電源の取り回しがきになりますが、機関車からもらってくるのでしょうか。

 

裏手を覗きます。

 

放置ドラムも良い雰囲気です。

 

電気と保線部門が同居しているようです。

 

車止めと人道踏切が良い雰囲気です。

 

このシート建屋の中に何が居るか気になります。

 

12分経つので駅へ戻ります。駅横には定期券売り場や旅行案内所が併設されていて、本社部門かもしれません。

 

ッと言うわけで12分ギリギリになったのでやってきた列車に再び乗り、終点の西鹿島駅に到着です。本線の奥側も含め駅全体が車両基地になっています。営業列車とはこんな位置関係で、手前が留置線です。

 

列車を降りるとこんな光景になっています。

 

この先は信号機のない留置線になっているため、列停と車停がこんな風に付いています。TOMIXの標識はこの様な付け方が出来ないので改造するかGMの箱裏を切り抜くしかありません。

 

ホームは4両対応になっていて、ホームの起点側が検査場となっています。色々と解読すると構内は6番線まで車庫番線が振られていて、本線に付帯する線路以外は全て非連動になっています。

 

機械洗浄機と洗車台があり洗車線は6番線になっています。更に奥に見える線路は天竜浜名湖鉄道の線路です。

 

検査場は上の梁に番線が書かれていて3,4番線であることが分かります。

 

全検などを行う所は5番線ですが、ココから建屋内の線路は見えませんでした。庇上のウエザリングとか参考になります。

 

本線の末端はこんな感じになっていました。車止めの形状が違うほか、片側は行灯式車止め標識になっています。



-つづく-

カテゴリー: 鉄日記   パーマリンク

遠州鉄道日帰り-中後編- への4件のコメント

  1. G13型電車 より:

    こちらでも今晩は。Gです。
    遠州西ヶ崎はかって車両工場が存在しており、留置線
    の東側の集合住宅になっている敷地と踏切の西鹿島側に
    も敷地となっていました。
    留置線の青い機関車はかっての飯田線の国有化買収前
    の豊川鉄道を前歴とする車両ですが残念ながら車籍が
    なく、機械扱いになっています。
    西ヶ崎は鉄道営業所が併設されて乗務員などの配置も
    ここが拠点です。
    現業部門が本社(浜松駅前にある銀色の建物)から独
    立しています。
    あと、CTCセンターもここにあります。
    車両工場の奥に続く線路が行き止まりになっています
    が工場が移転前は留置線が並んでいて更に現在の天浜
    線こと旧国鉄二俣線とつながっていて、60年代後半ま
    で遠鉄で気動車を所有して、遠江森(現在の遠州森)ま
    で片乗り入れをしていました。

    • ヘッポコ出戻りモデラ- より:

      >G13型電車さん
      いつもながら詳しい解説ありがとうございます。
      西ヶ崎は工場があったんですか。通りで大きな保線基地があるわけですね。

  2. G13型電車 より:

    今晩は、Gです。
    旧二俣線に乗り入れていた車両が鉄コレ第10弾キハ04
    形の中に、真っ赤な車体の遠鉄キハ802号がモデル化さ
    れてます。
    この車両は元々二俣線で使われていたものが払い下げ
    られて使用されていたと何かに記述があったのを記憶し
    ております。
    また、今大宮に保存展示されている同形が筑波鉄道を
    介して復元された種車(番号は鉄コレとは違っていたと
    思います)が遠鉄を走っていた経歴の持ち主ではなかっ
    たかと?
    記憶が違いましたらご容赦。

    • ヘッポコ出戻りモデラ- より:

      >G 13型電車さん
      これまた詳しい解説ありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">