2017初冬パリ・ドイツへ-その19-

氷河に居るシロクマです。

 

氷河がクルクル動き回りますが、下にこの様なチェーンで仕掛けがあります。

 

一般客側からは見えない終端駅です。

 

裏側は何でもありな感じです。

 

クルマのバッテリーチャージャーのヤードへ向かいます。

 

ファーラーのカーシステムをベースに使用しているそうです。

 

サイドミラー風の針金が充電端子になっています。

 

残電圧が低くなるとココへ戻ってきて充電するそうです。

 

水辺へ向かいます。

 

船のヤードです。

 

屋根に反射センサーが付いていて位置管理している様な説明でした。

 

センサーの受信部です。船については奥に居る係員さんがプロポで手動制御しています。

 

電源装置のようですがなんだか分かりません。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">