2017初冬パリ・ドイツへ-その18-

探検ツアーはイギリスから来た年配の男性とヘッポコ工場長の2人だけ。案内役の女性の方は「とっても人数少ないし、インターナショナルなスペシャルツアーね」っとの紹介の元、「模型はやるの?」と聞かれ「やってますが、日本は家が狭いからコレより小さいNゲージが主流です」っとアントワープの模型屋さんの受け売りでの挨拶でスタートです。

早速山の裏側はループヤードになっています。

 

全てコントロールセンターで管理されています。

 

建物意外と張りボテです。

 

ケーブルは塩ビ管でまとめられて配線されています。

 

裏側へまわると版権に関わる様なフィギアがあります。アメリカのロックスターです。

 

アメリカのロックスターが乗っていたクルマと聞こえた気がしました。

 

ラスベガスのMGMグランドも裏側はしっかり再現されています。

 

アメリカ島の建物のまとめられたケーブル類。

 

エクスカリバーホテルもデフォルメで再現されています。

 

奥はPECOのフレキ、手前はメルクリンの線路になっていて使い分けられています。PECOを「ピコ」って言ったら2人に「ノー。ペィコ」って発音直させられました(爆)

 

スイスブースにやってきました。赤鼻のトナカイの鼻が光っています。



-つづく-

カテゴリー: ストラクチャー, 海外鉄日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">