2017初冬パリ・ドイツへ-その17-

夜のサッカースタジアムです。サッカー好きの会社の後輩が3年前にココへ来た事があったそうで、「あそこのサッカースタジアムの一角にアウェイのチームが押し込まれてよく出来ているんですよ」って言っていましたが何度見てもよくわかりません。

 

ハンブルクの飾り窓地区です。実物同様?の様な怪しい雰囲気が模型でも出ています。

 

コチラはハンブルクの実物の飾り窓地区です。門の中には女性と子供は入れず、入ると入口の警官に止められるそうです。ヘッポコ工場長も入っていません。

 

再び下に降りて今度は電気屋さんの方のワークショップを覗いてみます。

 

ホント色々参考になります。

 

黒い塗装は遮光用かと思われます。

 

各担当1人1人に電源装置がセットされていました。

 

コチラは車両担当コーナーです。

 

一角に置かれた動くストラクチャーです。

 

電磁石か何かで色々動かすのかと思います。

 

メンテナンスルームの試走線です。

 

Treffpunkt Führungenことツアー集合場所と書かれています。いよいよ探検ツアーにでます。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">