2017初冬パリ・ドイツへ-その8-

チーズケーキの味が濃すぎたので口直しにバーコーナーへ行きます。

 

サンドイッチとアメリカンコーヒーを注文して、立ち席で食べます。

 

席へ戻り車窓を楽しみます。どこかでタリスが待機している場所がありました。ピカピカなので出場直後と思われます。

 

かっこいい!連結器を出しています。

 

ブリュッセル南駅に到着後、再びワゴンサービスがありました。行き先を聞かれてアントウェルペンというと、「飲み物いかがですか?」っと。コーラをリクエスト。アムステルダムまで行く旅客には昼食が提供されていました。

 

食事良いなぁ・・・っと思いつつもブリュッセル南駅からアントウェルペンまでは30分弱なのでコーラで充分です。皆さんやはり、飲み物は水かワインです。昨年タリス乗って食事配られた時「コーヒー下さい」って言ったら、「コーヒーは後だ」って言われました。

 

 

定刻アントウェルペンことアントワープ中央駅に到着。

 

複階層地下駅と言った感じです。ヘッポコ工場長が到着したホームは写真を撮っているフロアーの下です。

 

こんな感じです。

 

過走式車止めは日本でもおなじみの「RAWIE」です。車止標識の様なモノが取り付けられていました。

 

コチラはドコへ行く列車なのでしょうか。

 

地上へ出ます。素晴らしい作りですね。

 

駅前には中華街が存在しているようです。

 

トラムが路線バスを煽ってました。

 
コチラは逆にバスに煽られています。まぁ、そんなことは無いと思いますが・・・。

 

バス乗り場は路線毎の番線標記の様な案内がありました。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記   パーマリンク

2017初冬パリ・ドイツへ-その8- への2件のコメント

  1. 建売住宅51 より:

    初めてコメントをさせて頂きます。ヘッポコさんのブログは、旅の中で、観光、食べログ、町の雰囲気などが細かく載せられていて、毎回、家族で楽しみながら見ています。しかも旅の様子は、日本国内のみならず、海外にまで及び、行動力には驚かされます。
    今回の列車のバーコーナー、こんな場所で車窓を見ながら、ゆっくり過ごしてみたいです。

  2. ヘッポコ出戻りモデラ- より:

    >建売住宅51さん
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    街の景色や食べログ、タイトル通り備忘録なので内容の偏りが激しいにも関わらず、ご家族でご覧いただき恐縮です。
    行動力と言っても全ては模型が原点ですし、食堂車を含め日本の鉄道旅に魅力がなくなったのも理由の一つです。
    今後ともよろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">