2017夏・バンコクへ-その11-

待避線の奥に続く側線に貨車が止まっているのを前日発見し、その正体を見に来ました。

 

駅側を見渡すとこんな感じです。

 

貨車に近寄ってみると2軸貨車で無蓋車のあおり戸を取ってしまった様な感じです。

 

製造銘板なども見当たらず、朽ち果てる寸前と言った感じです。

貨車の観察が終わりホームを挟んで反対側へ行ってみます。昔はもう少し手前から待避線が膨らんでいたようです。ポイントがこんなに車で踏みつけられたら脱線の元です(-_-;

 

ポイントの発生品がありました。交換したものと思われます。

 

程なく折返し列車がやってきたので帰ることにします。

 

車両は交換されてきたようです。

 

沿線のバナナの木にバナナがなっていました。初めて見ました。

 

またまた保線車と遭遇。いきなりだったのでブレブレです。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">