2017夏・バンコクへ-その6-

メークロン西線は1日に4往復なので、こう言う風景を撮ろうとすると約3時間後の列車まで待たなければなりません。でも、コレが目当てなので待つことにします。奥の方では記念写真を撮る観光客が余裕かましてますし手前の黒い服の男性もまだ余裕です。

 

手前の男性かなり厳しい体勢になってきました(笑)

 

列車が到着時は列車の前で記念写真を撮る人が多かったですが、それだけなら別に他の駅でも良いわけで(^^;

しばらくするとご覧の通り空いてきます。

 

駅の奥は車止めが設置されています。

 

直ぐ後ろはメークロン川になっていますが、市場からの進入速度を考えるとこの車止めで充分だと思います。

 

帰りの乗車券を買うために出札窓口へ行くと、到着時刻の書かれた板を指さして、時間まで売らないよと言う意味に捉えました。窓口横にはマスコットがフライ旗持って敬礼しています。

 

3時間もあるので外へ出て市場付近を彷徨くことにします。

 

市場なので食べ物が多いです。

 

野菜・果物・穀物・魚介と何でも揃います。

 

雑貨や靴なども売っています。左奥のお店は扇風機の専門店です。

 

ッと言うわけで3時間半を過ごし、帰りに乗る列車がやってきました。
ここに居る人たちの殆どは観光バスで「見に来ただけ」の人たちですが、一部の中国人団体は列車に乗って1キロほど走った所の駅でも何でも無い踏切で列車を止めて、みんな降りていきました(^^;

 

各車両20人程度を乗せて列車はまたバーンレム駅を目指します。途中併走していたバイクの人は列車に手を振っていました。のどかで良いです。

 

16時30分バーンレム駅に無事到着しました。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記   パーマリンク

2017夏・バンコクへ-その6- への2件のコメント

  1. D-Train より:

    何度見てもいいです。
    列車が迫ってくると、おそらくテントの屋根をパタパタと畳む姿が想像されます。
    車両の傾き加減もに何故か好きです。

    • ヘッポコ出戻りモデラ- より:

      >D-Trainさん
      まさにその通りです。方向きはカントが付いているようです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">