2017夏・バンコクへ-その5-

留置線から後ろを振り向くとバーンレム駅のホームがあります。

 

出札窓口へ行くと、駅員さんは居なく中に居た人がベンチを指さして、座っている様にとのリアクションで切符は買えません。出発までまだ1時間以上あります。

 

線路はかなりよくなっています。

 

駅員さんが戻ってきたので切符を購入。メークロン駅までは10バーツで、10+3+10で23バーツ、60キロ強の距離を約85円位で移動できることになります。もの凄いコスパです。
列車は1日に4本しか出ていません。買うのは10時10分発のメークロン行きです。

 

留置線に止まっていた車両の形式写真を撮りに行きます。1214号車です。

 

出発時間の10分程前に時刻通り列車がやってきました。バーンレム側から・・・1226-1221-1227という3両編成です。先ほどの1214は予備車と言うことでしょうか。

車内は東線と殆ど変わりません。

 

富士重製の車両です。

 

車窓は東線と違い田舎の風景となります。

 

途中、無蓋車が2両いましたが使われている様子はありませんでした。

 

おっ!変電所・・・ッと思いましたが、ココは非電化区間でした。ドバイでコレ撮っていたら間違い無く怒られます。

 

ッと言うわけで約1時間かけて30キロほどの道のりを走り、メークロン駅に到着です。ウォンウェン・ヤイ駅からは約3時間の道のりでした。
しかし、完全に観光地となっています。



 

-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">