2017夏・バンコクへ-その1-

遅い夏休みを1週間取って、先週末からバンコクへ行き、昨日無事に帰って来ました。暑くて疲れました。

昨年に引き続き、今回も羽田空港から深夜便で飛びます。ヘッポコ工場長が一番交通費のかからない蒲田駅から蒲95シャトルバスで向かいます。

 

チェックインカウンターで荷物を預けE搭乗券を見せると・・・「お客さま確認事項がございますので少々お待ちを」ッと言われどこかに電話をかけていました。
「あれっ、Webチェックインでスペル間違ったかなぁ」なんて思いながらドキドキしていると「本日オーバーセールとなってしまい申しわけございませんが、プレミアムエコノミーへ変更させて頂きます」っと。
たまに「聞くだけ」の話ですが、こういうの初めてでラッキーです。

 

ビジネスクラスなら超ラッキーですが、でも全然ラッキーです。初プレミアムエコノミーシートで、アイマスクやマスク、耳栓、歯ブラシ、スリッパ、靴べらが巾着に入れて置かれています。座席はそこそこ足が伸ばせるし、なんと言っても隣の人の腕が当たらないことが一番でした。

 

食事は最初夜食にパンが出るだけなので、パスして深夜便なのでサッサと寝ることにします。着陸2時間前、現地時間の午前4時前に朝食が出ました。

 

時間帯の関係があるかもしれませんが、バンコクは入国手続きが15分程並ぶだけで入れました。前回もやはり15分位です。しかも、混雑してくると審査窓口を何カ所か開けてくれます。アメリカなんて混雑してきても窓口開けないですから、入るのに1時間以上並びます。

で、前回はエアポートリンクという連絡鉄道で市内入りでしたが、始発までまだ30分近く待つので今回はタクシーで市内へ。タクシー乗り場にある発券機で「ゲットチケット」を押すと乗り場番号の券が出てくるのでその番号の乗り場へ。

 

よくわからないけど中国人向け案内もあり、漢字が出てくるので何となく分かります。ヘッポコ工場長は11番乗り場へ。

夜明けの高速を飛ばしてバンコク市内へ。ちなみに、空港はバンコクの隣のなんちゃら県にあります。距離は30キロ位なので、東京都の羽田に着いて神奈川県の大船に行く感じです。

 

高速代、チップ込みで300バーツ、1000円位です。羽田から大船までタクシーで帰ったらえらいこっちゃです。
ホテルは今回も昨年と同じ常宿チェーンホテルでポイント併用の宿泊です。

 

部屋は最上階の24階です。しかも24階には客室は6室しか無いです。値段が気になり、下に降りてフロントで「予約確認書を見せて最上階6部屋しか無いけどこの値段でいいの?」ッと聞くと「勿論。あなたは私たちの大切なメンバーです。くつろいで下さい。」っとお姉ちゃんがにっこりと。

 

安心して部屋へ入りました。まぁ、別に広くは無いですし納得的な感じでした。

 

ウエルカムフルーツがあり、見た事無いジャガイモのようなもの。食べたらぶどうの様なもでしたが、何だかはワカランチンです。

 

窓下にはBTS(バンコク高架鉄道)の線路が見えます。レイルビュウも素晴らしいです。

 

何かベッドに違和感を感じ見ると、熊が先に寝ていました。

 

ザッとシャワーを浴びて早速BTSに乗ってメークロン東線のウォンウェン・ヤイ駅へ向かいます。

 

懐かしや~。

 

昨年来たときには車止めがありませんでしたが、ゴッツイのが付いていました。色々設備が新しくなっていて、予算が付いたんだと思います。

 

昨年の様子です。左にあるゴミ箱もサイズアップしていました。

 

昨年目を付けておいた形式写真が撮れそうな場所へ向かいます。




 

カテゴリー: 海外鉄日記   パーマリンク

2017夏・バンコクへ-その1- への2件のコメント

  1. D-Train より:

    こんにちは~
    飛行機の座席ラッキーでしたね!
    今はモニターが個別でかなり豪華なんですね。
    ホテルも広く綺麗そうで、海外旅行に行きたくなりました。

    • ヘッポコ出戻りモデラ- より:

      >D-Trainさん
      座席話しは聞きますが、実際にあたりラッキーでした。
      JALだと画面は国際線エコノミーで殆ど付いていますよ。
      ホテルはきれいです。タイではちょっとした高級ホテルの部類になります。
      D-Trainさんも仕事一段落したら台湾辺りどうですか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">