113系1000’番代-その8-

GMの113系を1000’番代にさせるため悪戦苦闘してましたが、アルファモデルから1000’番代が出てしまいました。
予定はされていたから待っていればよかっただけのことですが。

 

下部に付いたタイフォン穴がソレであることが分かります。乗務員室後部の窓割り付けも独特です。

 

内装は結構お金がかかるので、今回は室内塗装だけしておき、内装は将来工事とします。
妻面に淡緑色の吹き付け完了。

 

カテゴリー: 工場日報-113系   パーマリンク

113系1000’番代-その8- への2件のコメント

  1. マーボー堂 より:

    カッチリとしてて良いですね。これを見てしまうと
    GMのは先がすぼまってるような感じが頂けません。
    横須賀線113系はやはり1000番台ですね。

    • ヘッポコ出戻りモデラ- より:

      >マーボー堂師匠
      GMしかなければそれはそれでよかったのですが、1000′として売られればそれはもう(笑)
      プロポーションもいいですよね。
      1500なんて少数ですから、スカ線はコレしかないです!

マーボー堂 への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">