四国・高松へ-中編-

琴電屋島駅に到着し、写真を撮っていると車掌さんが切符を回収に来まして、無人駅でした。ヘッポコ工場長の他3人と先ほどの外国人お遍路さんもココで降りました。

駅舎はオシャレで南海にありそうな駅舎です。

 

裏側もかっこいいです。

 

改札を出て裏手へ行ってみます。仏生山にいたのと同じく松山製7t機で、ガソリンエンジンと思われます。

 

曇り男のハズですが、小雨が降ってきまして負けじと観察。コチラはマティサ社の軌道検測車PV-6です。後継機は当時の営団などに導入されましたが、この機体は2世代前の骨董品です。マティサのシェアは日本では縮小傾向です。

 

製造は1970年代のモノですが、銘板が見当たらないため製造時期の詳細は分かりません。検測台車などは載っているので稼働は出来ると思われます。

 

ボンネットの上が開いてエンジンが見えています。骨董品に出会えて既に満足です。マティサのロゴが古いタイプです。

 

駅へ戻ることにします。踏切から延びる道路は直ぐ急坂になり、山の中腹に神社がありました。お遍路さんはココを目指したのでしょうか。

 

琴電屋島駅の全景です。

 

志度駅まで行くつもりでしたが、雨が降ってきたので高松方面へ戻ることにし、車庫のある今橋駅で下車します。雨は止んでしまいました。

 

妻が塞がれたヤツがいました。

 

工場を観察。

 

スペースの関係か工場の電気室はこんな所にまとめられていました。点検の時屋根に上がらなければならず、大変だと思います。模型的にはアリですね。

 

降りて車庫方面へ向かいます。

 

んっ、10年前にも来てました・・・10年前はN700の初乗りを兼ねた高松入りでした。

 

 

工場裏側も観察。

 

ダスト回収は道路に面していた方が楽ですね。

 

中も見えました。立派な車止めがあります。まぁ、覗き見みたいなのでこのくらいにしておきます。

 

高松駅からJR線に乗るため高松築港駅へ向かいます。券売機低すぎて乗車券を取り出すのが大変でした。

 

そして10年前にもほぼ同じアングル・・・撮るモノ偏っているし、対象物のジャンルがブレていないと自分に自信を持ちました(笑)

 

帰り際にアントが居るのに気がつきました。

 

-つづく-

カテゴリー: 鉄日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">