保線基地モジュール-その23-

手戻り作業は塀の下部に付着した石膏の削ぎ落としから行います。

 

続いて地面の成形を行います。

 

公道のアスファルト塗装と、保線基地タタキのコンクリートを塗り分けます。

 

合間に油倉庫も完成しました。

 

 

カテゴリー: ストラクチャー, 保線日報モジュール   パーマリンク

保線基地モジュール-その23- への2件のコメント

  1. マーボー堂 より:

    小屋の塗装スレート葺きっぽいですね。
    小屋には赤や黄色の看板付けるのですか?

    • ヘッポコ出戻りモデラ- より:

      >マーボー堂師匠
      勉強そろそろお願いしたい今日この頃です。
      小屋の屋根はGM対向式ホームで余った屋根で、仰るとおりスレートを表現していますが、チトオーバースケールです。
      赤い看板を付けますが、GMの附属シールはちょっと大きすぎるのと印刷がイマイチでして、作ったのを貼り付けます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">