2016初冬ベルギー・ドイツへ-その17-

イタリア区間にあった廃車体。

 

海岸縁にあるのは、リゾートホテルです。

 

こう言う作り込みもしてみたいです。

 

観光名所なのでしょうか。電飾がキレイです。

 

コントロールルームへ向かいます。

 

ローマ区間も監視出来るようになっています。

 

インターホンも観察しておきます。

 

昨年見当たらなくなっていたエンバカデロー社のプレートは、しゃがんだらシェードの裏にありました。

 

恐ろしい数のケーブルです。

 

再びレイアウトへ。何かの撮影シーンのモデルです。

 

コチラはテレビ局のニューススタジオが表現されています。

 

駅内のレストランがありました。ずっとあったけど気にしていなかった感じです。

 

こんなレストランで食事してみたいです。

 

私もお腹がすいてきたので食事を摂ることにします。スタッフは人数が多く顔は覚えてませんが、昨年も色々聞いて顔を見知ったスタッフがいました。
カレーソーセージの付け合わせはフライドポテトだけか聞いたら、希望を聞かれ野菜が食べたいと言ったら「問題無いわ」ッと言うことで、ソーセージと野菜を注文することができました。

 

閉館まで居て、ほろ酔い気分でホテルへ戻りました。

-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">