2016秋・バンコクへ-その1-

タイ自体へはずっと前々から行きたいと思っていたのですが、結果勘違いで行くことになりました。

羽田からの深夜便のためJR線を乗り継いで向かいます。川崎駅で京浜東北線に乗り換え蒲田駅へ向かいます。

 

蒲田駅から「蒲95系統シャトルバス」に乗りますが、22時台は1時間に1本しかありません。蒲田駅まで定期券があるのでこの方法が一番安上がりで、我が家からは羽田深夜便はこれが一番です。

 

国際線ターミナルまで20分弱で到着。案内には18~23分となっているので、早いほうでした。ターミナルで買い物しようと思いましたが、23時近くではお店の殆どが閉まっていました。

 

日本チックです。

 

1時間45分前に到着しましたが、やることも無く搭乗口付近で待機します。

 

バンコク。

 

今回はジャンプシート前なので足が伸ばせて楽に行けます。

 

搭乗後直ぐにマフィンが配られ、到着の1時間半ほど前に機内食の配布がはじまりました。機内食は大好きなワッフル。

 

楽チンでしたが、新間隔エコノミーでは無い3+4+3だったので通路側でもちょっと横が狭かったです。

 

定刻より若干早く、5時前に到着しました。
サイドからの間接照明がなんとなく豪華な感じです。

 

パスポートコントロールでは15分程で手続きが済み、無事10カ国目に入国。案内盤の一番上がタイ文字でちょっと不安ですが、ピクトグラムと英語表記で何とかなります。一番下のエアポートレイルリンクを目指します。

 

なんかゆる~い感じのエスカレータで下りていきます。

 

乗り場へ向かうと真っ暗です。時刻は午前5時35分です。
係の人が居たので何時からか聞くと「あなたのミッションは5時50分だ」と言われました。列車の出発時刻を聞くと「6時丁度に出発」と言われ、どうやら切符が買えるのが5時50分だと言うことでした。

 

タイ人と英語で話すときは、タ行をハッキリさせたジャパニーズ英語で話す方がすんなり通用するみたいです。
電気も点かないうちに、定刻5時50分券売機が稼働しました。

 

自動改札機前で並びます。手荷物検査があるようで、奥に空港みたいなセキュリティーゲートが見えます。

 

手提げ鞄をちょっと開けただけで直ぐ「「コップンカー」と言われ、そのままホームに下りられました。列車はココ出庫では無く折返し始発のようです。

 

6時丁度に出発しました。中はガラガラですが、途中駅からはギューギューになりました。

 

終点のパヤ・タイ駅に到着。

 

 

この先も延伸計画があるのでしょうか。

 

端部柵が無く良い車止めです。両サイドにある赤いランプは信号機で、アメリカみたいな感じです。

 

ここからBTSと呼ばれる高架鉄道に乗り換えホテルを目指します。

 

-つづく-

カテゴリー: 鉄日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">