パワーパックの製作-その1-

昨日は、鎌倉の東急ストアへ買い物に行ってきましたが、鎌倉駅がもの凄い混雑でした。

 

鎌倉は紫陽花の見頃時期なのでかなりの混雑です。

 

バス乗るのも一苦労ですが、週末の江ノ電は改札規制も有り乗車まで1時間待ちだそうです。

 

本題ですが、モジュールで車庫の入換とモーターカー基地の入換運転には、KATOのハイパーDXのパワーパックでディレクションを切り換えて使用していましたが、切り替え忘れで今回も車止めに衝突させてしまう事故を1件発生させてしまいました。一番の事故防止はパワーパックを兼用しないことです。

 

と言っても何台も並べるのは場所を取るし、台数を揃えるのは経済的にも負担がかかるので、製作することにしました。
今回は秋月電子のPWMDCモーター速度可変キットを使用してパワーパックを製作です。説明書のスペックでは3A以下と言うことで、入換運転には何ら問題ないのでコレを採用することにしました。

 

キットでは速度変化に用いるVRは半固定VRとなっており、これでは速度調整が無理なので外付けタイプに改良します。
幸い、VRの買い置きがあったので、費用はキット代の500円だけで済みそうです。

 

あっという間に完成です。PWM独特の「ミーッ」ッと言う音と共に試運転結果も良好でした。
PWMなので電球タイプの前照灯などには長時間低速運転を行うと負担がかかりますが、入換運転程度であれば全く問題ありません。

 

-つづく-

カテゴリー: 鉄日記, 電気日報-工作   パーマリンク

パワーパックの製作-その1- への2件のコメント

  1. ずっぴ~。 より:

    えっ、パワーパックまで作っちゃうんですか!!恐るべしモデラー氏の電気知識でございます。

    • ヘッポコ出戻りモデラ- より:

      >ずっぴ~。さん
      パワーパック意外と簡単ですよ。
      1作目は高校生の頃に作りました。電気工作の方が模型工作より好きです。
      仕上がりは関係なく、電気が通れば完成ですからね(爆)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">