2016春オーストリア・ドイツ-その18-

ハイルスブロン駅からヘルパミュージアムまではバスで向かいます。

ハイルスブロン駅のホーム側から見た駅本屋です。

 

表側は時計とDBのロゴに黄色の郵便ポストがあるサッパリした駅舎です。

 

近くにサイロがありますが、専用線は引き込まれていませんでした。

 

ホーム入り口には券売機が1台あり、駅前はバス乗り場となっていて、丸にHと薄く書かれているのがバス停です。

タバコの自販機もありました。

駅舎入口には、ビストロ、チケッツと書かれています。

 

中に入ると、売店と切符売り場が兼ねられていて、中では地元のおじさんと思われる人がビール飲みながら談笑していました。

 

バスの時刻までまだ45分ほどあるため、トイレを借りることにします。0.50ユーロで鍵を貸してくれます。遊び心のある鍵です。

 

貨物列車が通過していきます。

 

車運車良いですねぇ。

 

最後尾です。踏切の音がするので、踏切まで行ってみることにします。

 

駅前の道路に出ると、トラクターだらけです。

 

踏切がありました。

 

またまた同じ方向に貨物列車がやってきました。旅客列車が殆ど来ないで貨物列車ばかりで、30年前の武蔵野線のようです。積荷も魅力的です。

1日8本しかない717系統のバスでディーテンフォーフェンという場所へ向かいます。

 

-つづく-

カテゴリー: 貨物日記, 鉄日記   パーマリンク

2016春オーストリア・ドイツ-その18- への2件のコメント

  1. お晩です

    DBなんていうのは実のところ国内でも見かけているんですよね
    某西濃運輸とDBシェンカーの合弁会社トラックには“DB”シールが貼ってあるわけで…

    今回のOBBという文字を見たとき
    どうしてもQBBに空目してしまうんですよね(笑)

    • ヘッポコ出戻りモデラ- より:

      >南栗橋車両管理区荒川支所さん
      西濃シェンカーが唯一の日本国内DBだと思います。オリジナルトラックはトラコレ当たりから出してもらいたいのですがね。
      日本ではウムラウト表記の馴染みが無いので、ひどいとBBQに見えてしまう人がいるとか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">