保線基地モジュール-その10-

保線基地の奥の方にトロ台車の留置場所を設けますが、アメリカのBlair Line製の横取基地を使用します。

 

バルサ材をレーザーカットしたモノで、土手や道床厚があるような場所でも設置できるように足の部分もセットになっています。

 

木工ボンドで組み立てました。今回は地べたに直接置く仕様です。

 

こんな感じで留置させます。

 

 

設置前にエコーのSTウッドを塗布します。

 

日本では古レールを置いてトロ台車の留置場所を確保している場合が多いです。たまに枕木に置いてあるのも見かけますが、腐食が心配です。

 

大井川鐵道では屋根付きの直角な横取りをよく見かけます。

 

名鉄も屋根付きの横取りを各所で見かけます。奥の補助レールを使用する横取り基地も名鉄は多いです。

 

吉良吉田駅ですが、今はこの先の線路は無くなってしまいました。

 

ココに設置します。

 

 

カテゴリー: ストラクチャー, 保線日報モジュール   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">