高松訪問-中編-

いしづちに乗って多度津駅へやってきました。高松からのいしづちはガラガラなので自由席に乗車します。

合計1180円です。

何本いるのか気になり、帰宅後編成表見ました。コレよりは前パン車が見たいです。

多度津での目的は多度津工場です。控車が使われているようですが、航空写真で見ると撮影は難しそうです。駅から7~8分歩いたところにありました。

操業時以外はこの鉄の門がガッチリと閉まっているのでしょうか。

駅の方を振り返ると、良い雰囲気です。枕木と砕石が新しく交換されたばかりのようです。

この14系は何でしょう?

試運転の幕が出ていますが、結構くたびれた感じです。折り戸には「回送」と紙が貼ってありました。

検査は切れちゃってるのかな。

コチラにもいます。

お座敷でしょうか。憎い位置にテールライトがあります。模型でこんな所にピンバイスで開けたら下端やっちゃいそうです(>_<)

トキ25000とワラ1がいました。トキの方はボロボロですが、試作保存車のワラ1は比較的キレイに見えます。

保存車なので手入れが良いのか、番号もしっかり読めます。

スイッチャーが見えました。コレの前位側に控車が連結されているはずなのですが、動く気配も無く見ることは出来なさそうです。

とりあえず工場を1周してみます。場所によっては防波堤がそのまま工場の境界壁になっていて結構手強そうです。

覗いてみますが控車は見えません。

裏手まで来ました。

工場を1周してみましたが、控車は撮ることが出来そうに無いので諦めて帰ります。

駅へ戻る途中警察署があったのですが、パトカーが1台も止まってません。

デカイ交番のようでした。

高松へ戻るのに特急より快速の方が速いので、快速で戻ることにします。前パン車が来ました。

6000系初めて乗りました。オール転換クロスシートで、外も中もかっこいいです。

-後編へつづく-

カテゴリー: ストラクチャー, 鉄日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">