ドイツへ2015-その8-

デンマーク側の連絡船接続駅、レズビュー駅に到着です。宇高連絡船の宇野、高松駅と同じような位置関係です。

駅名、私は読めません。そして、周りにはなにもありません。

実は遅れた原因がココにもありまして、主要駅で警察官が車内を巡回し、難民系と思われる人たちの職務質問に加え、降ろすという事があり列車が遅延しました。
レズビュー駅到着後、10人位デンマークの警察官が乗り込んできて、何人か降ろされてました。右は車掌さんで、運転士さんとやはりまた「仕方ないね」みたいな会話(想像です)をしてました。左の3人は警察官でさらに黒人系の旅客を降ろして職務質問していました。

残りの警察官が車内から降りてきてようやくICEは出発していきましたが、ヘッポコ工場長はココで下車します。何も無い駅でひとりぼっちです。
ごつい車止め。

かつては貨物の取扱いがあったと思われます。

駅舎はフェリー乗り場を兼ねており、この先は一応国境のため降りることが出来ません。

お菓子と飲み物の自動販売機があるだけです。ところが、帰りのフェリーの券売機や、この自動販売機をヘッポコ工場長は使用出来ませんでした。デンマークの通貨を持っていなかったのです!
自動販売機の現金はユーロが使えません。フェリーの券売機はカードが使えましたが、デンマーク語とドイツ語で何が書いて有るやら・・・かなり焦ってきました。

そうこうしているうちに、あの列車がやってきました。

で、そうこうしているうちにあっという間に出発していきました。ハンブルクへ行く列車だったようなので、乗れば良かったのですが、何せあっという間に出発。

ッというわけで、列車を載せてフェリーも行ってしまいました。ちなみに、ココを通るドイツ行きの列車は1日4本です。

ピシャリッと門も閉め切られ、線路の先がなんだか恋しいです。

券売機でウロウロしていたら、徒歩でお客さんの親切なおばあちゃんが券売機の使い方を教えてくれまして無事購入。40クローネだったので、750円位です。
次のフェリーの到着を一日千秋の思いで待ってました。ちなみに、徒歩でのお客さんはこのおばあちゃんと、出発直前に来た人の3人だけでした。

10分程してフェリーが出発です。列車の積載もなく船内はガラガラです。犬を連れたお客さんがいました。

右往左往で途方に暮れて、船内でやっとの昼食はカレーソーセージ。前の人の盛りつけを見て、ポテトを減らしてもらいました。ちなみにコレで半分の量です。

自動車でのお客さんも少ないようで、フードコートもガラガラです。

列車が載っていない時は普通に自動車が止まっています。

ッというわけで、ドイツ側へ戻ってきました。プットガルデン駅へ行くと、純粋カラーのICEがデンマークへ向けて出発するところでした。

-つづく-

カテゴリー: 車止め, 鉄日記   パーマリンク

ドイツへ2015-その8- への2件のコメント

  1. こんにちわ

    列車丸ごと船に載せる『航送』
    話でしか聞いたことないですが戦後の『ヤンキーリミテッド』みたいなんですね

  2. ヘッポコ出戻りモデラ- より:

    >南栗橋車両管理区荒川支所さん
    こんばんは。
    日本でも始めた矢先、連絡船事故でやめてしまいましたね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">