観覧車を見に行く-その4-

模型店で買い物したのはコチラ。スムースイット用べーピングテープはKATOや天賞堂でここ1年ほど見かけなかったので助かりました。

そのほかにNJインターナショナルの小型信号機がかなり良さげだったので店頭在庫3個共購入。

愛想のいい店員さんでピンバッチくれました。終始ニコニコしていてゆっくりしゃべってくれたので買い物は思い通りに出来ましたが、アメリカ人の英語は発音がキレイですね。まぁ、ガッツリしゃべられると全然分かりませんが(^^;
ハンブロールがあれば欲しかったのですが、取り扱ってないということで残念でした。

買い物を終えタクシー拾える場所を聞きましたが、「ふぉーふぉーっ」ッと笑って「タクシーはこの辺に居ないから呼んであげるよ」と。ロサンゼルスでは流しタクシーは無く、『ホテルかレストランで呼ぶしか無い』とガイドブックにあったのですが、模型店で呼んでくれるとは思いませんでした。
次に行くのはエキスポラインの現在の終点カルバーシティー駅です。サンタモニカまで延伸されるとただの中間駅になってしまいます。カルバーシティー駅へは模型店からタクシーでチップ込み$12でした。
ホームへ上がると何とも言えない終点の景色が広がっています。

おそらく工事用車両が通過しやすいようにこのような形状になっていると思われます。過走を考慮しない形態がすごく新鮮でした。

車止めは車輪止めのような形状です。

完全に停止信号です。この後、メトロブルーラインとレッドラインを乗り継ぎ、ユニオンステーションへ向かいメトロリンクへ乗ってみます。

駅はどう、って事の無い作りです。

ユニオンステーションのメトロリンク有人窓口は長蛇の列なので券売機で乗車券を購入します。JR線もそうですが、みどりの窓口は混んでいるのに、長距離券売機はガラガラというのをよく見かけますが、コレは移動に対する不安がどこの国も一緒と言うことでしょうか。

アムトラックとメトロリンクの乗車券が購入出来ます。

アルファベット順に駅名を選択し、今回の目的エルモント駅を選択します。

片道、往復など乗車券の種類を選びます。時刻検索機能があり、この券売機で事が足ります。

ホームへ上がるとアムトラックの車両が停車中。あのアムトラックとはお財布の出所が違うため、塗装も落ち着いた感じで標記もアムトラックカリフォルニアとなっています。

ずらりと並んだメトロリンクの車両で、ロサンゼルス近郊の通勤区間を担当しています。とはいえメトロリンクはよくわからないですが、興味がある方は調べてください(^^;

通勤区間と言っても1日を通して1時間ヘッドという有り様で乗り遅れると大変です。駅員さんにエルモントへ行く列車を聞くと「セブンティーン」と聞こえて17番線を探すも、14番線までしか有りません。別の駅員さんに聞くと「セブンエィ」っと言ってました。7A番線という事でした。ドイツのように1つの番線をABと区切っているようです。手前がB、奥がA乗り場です。

客車がディスクブレーキです!

オール2階建てで自転車も積めます。

1階座席で集団離反シートになっています。

ゴツイ出入口と入って右側がトイレです。トイレマニアとしては中に入るの忘れてしまいました。ピクトグラムは日本と一緒でわかりやすいです。

座席幅はちょっとキツ目です。全て自由席でしてせっかくなので2階席へ。

定刻に出発。出発して程なく貨物線を直角クロスで横切ります。

時間の都合で2駅しか乗車出来ませんでしたが、ココまでで約30分、エルモント駅に到着です。

改札口はありませんが、券売機は左の屋根の下に2台あります。ユニオンステーションも改札口はありませんが、階段を上ったところに駅員さんがいて、切符の所持を確認しています。ここも踏切の横に駅員さんがいます。

エルモント駅を出発するメトロリンクはコチラをご覧ください。

15分ほどで来る反対列車に乗りユニオンステーションへ戻りますが、10分延でやってきました。そして、帰りは45分かけて戻ります。単線のため信号場で交換待ちがありそのままの遅延で17時過ぎにユニオンステーションへ到着。

何とも言えない機関車のゴツイ台車です。

日没後は外出を控えたいので、宿のあるリトルトーキョーへ戻ります。リトルトーキョーは日本人街というかリトル東京です。ヤマザキのパン屋さんです。

日本食屋に入り、ビーフステーキの和食セットを注文しました。美味しかったですが、ブロッコリーが多すぎ。店内には日本人客も2組いて味噌汁の蓮華付いてないのに私には付いてました・・・また中国人に間違えられたか。

-つづく-

カテゴリー: ストラクチャー, 車止め, 鉄日記   パーマリンク

観覧車を見に行く-その4- への2件のコメント

  1. お晩です

    ディスクブレーキが外側といえば『PIII台車』
    現在では相鉄の7000・8000・9000だけに生きるシステム

    客車において『この手の台車』は珍しいですね

    東急車両の車端黄色表示
    実物をいっぱい見てきましたので近日公開します

    鉄コレ『電車市場』で“東急3500”が出るとか出ないとか…

    • ヘッポコ出戻りモデラ- より:

      >南栗橋車両管理区荒川支所さん
      客車で内側ディスクはあったのですか?日本の客車は踏面ブレーキだと思ってましたが。珍しいです。
      電車では相鉄にまだありますね。

      今回は東急デハ3500のトップナンバーなので、京急1000形みたいに通常品で量産タイプというか他の車号が出るのでは、っと勘ぐってしまいます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">