観覧車を見に行く-その2-

トーランス空港からヘリ会社の送迎で大体の方は、ホテルとか観光地へ向かいますが、ヘッポコ工場長がリクエストしたのは辺鄙なメトロ終着駅レドンドビーチ駅です。

高架橋のこのブッツリ感がなんともたまりません。

平行して高架脇に貨物線の線路があります。

券売機で切符を購入しますが、TAPカードというICカードを$1で購入し、そこに片道乗車券とか1日乗車券や定期券を選んで購入してTAPカードに書き込むと言うイメージです。

ワクワクしながらホームへ上がると、ブッツリとした高架橋と車止めがありました。

列車がやってきました。メトロは2両固定が基本で2+2あるいは2+2+2でやってきます。

車内は2両でそれぞれの車両の運転席側を向くような座席配置になっています。座席はプラスチックにモケットを張っただけで結構痛いです。

運転台が来るところのホームはこのような旅客防護設備があります。

今まで乗ってきたのはグリーンラインと呼ばれる線で、ホテルのあるダウンタウンへは3回乗り換えがあります。最初の乗換駅ウィローブルーク駅ですが、ガイドブックによると「この辺は治安が悪い地域だが、昼間メトロに乗っている分には問題無い」とのことで安心して乗っていましたが、駅前がかなり騒々しかったです。

SHERIFFとあったので保安官のようですが、よく見るとメトロのマークが付いてます。奥の人が保安官ですが、黒い制服ではないです。

駅前の踏切ですが、遮断機が無く自分で門を開けて通るタイプです。

踏切入り口には警備員が立っています。ココからブルーラインに乗ります。

途中駅でBNSFのロゴが付いた貨車が止まっていたため、途中下車します。

奥にカマがいました。しかし、この辺は治安が良くないので近づくことは断念し、次の列車で乗換駅を目指します。

2回目の乗換駅メトロ7thストリート駅です。ホームで列車を撮っていた時は何も言われなかったのですが、トンネル内へカメラを向けたら警備員が「ノーノーノー」って言ってきました。トンネル内は撮影が厳しいみたいです。まぁ、翌日はもっと怒られましたが・・・

コチラが2回目の乗り換えで乗るレッドラインです。このアングルで撮るときは何も言われませんでした。

ダウンタウンのユニオンステーションに到着しました。ココからはアムトラックも出ています。

いやぁ、デカイ!

3回目の乗り換えでゴールドラインに乗り換え、宿の最寄り駅へ向かいます。

家1軒当たりの大きさに驚いてましたが、列車もデカイ。アメリカはスケールが違うと良く聞きますが、目の当たりにして鼻息が荒くなるばかりです。

-つづく-

カテゴリー: ストラクチャー, 車止め, 鉄日記,   パーマリンク

観覧車を見に行く-その2- への2件のコメント

  1. Osg より:

    貨レは、どちらも本線の途中で停まってる感じですが、信号所か何かでしょうか?
    トラムのいかにも後から付けたような、485ボンネットのライトケースみたいな張り出しは、転落防止ですかね?
    駅の向こうにある鉄塔は、六角錐ですかね?
    何だか、疑問ばかり湧いちゃいます(^^;

    • ヘッポコ出戻りモデラ- より:

      >Osgさん
      本線では無く30年前の日本でどこでも見られた、長い長い専用線の途中に踏切部分だけ貨車を切り離して留置してあります。この日は祝日だったので貨物走ってませんでした。
      ライトの張り出しはデザインにも見えますが真相は如何に!?
      鉄塔は4脚ですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">