マニ30リベンジ!

約10ヶ月前にマニ30を見に行った時は調査不足で見られませんで
したが、やっと見る事が出来まして、昨日小樽へ日帰りで行ってきま
した。
我が家からはちょっと離れていますが、目黒線の奥沢駅から初電に
乗り、多摩川駅で東急多摩川線、蒲田から京急蒲田まで徒歩、そし
て京急で羽田空港といういつものパターンで、6:35発の飛行機に搭
乗します。
始発
▲東横線よりも目黒線の方が始発早いのでこういう時助かります
蒲田付近は霧雨でしたが、羽田に着く頃には霧雨もあがり、離陸時に
は薄い雲で覆われる程度までになりいつものアナログカメラで東京を
撮影し、新千歳へ!
JAL
前回とは違い、降雪もないので定時に到着。予約しておいた快速エア
ポートの指定席で早速朝食を摂ります。新千歳空港駅では駅弁が売
っていないため、今回はズルして「空弁」です。
西武マニアさんならきっとコレを肴に、お酒がすすみそうです!
空弁
▲北の海鮮鮨弁当
札幌を出て海岸線沿いを走る頃になるとどんよりした曇り空です。コ
ート羽織って来ましたが見るからに寒そうです。
海
小樽駅に到着すると・・・メッチャ冷たい風が強く吹いてます。気温8度
で、冷たい風なので体感温度はもっと低いはずですが、マニ30を見る
ための身震いもしてきました。
前回個人タクシーを利用して、名刺を頂いていたので迷わず電話。3
分ほどで来てくれましていざ小樽総合記念館へ!
快速
マニ30現金輸送車やっと見られました~♪
マニ50
見たいと思ってから1年半ほど経ちましたが、やっとの思いです。
マニ50中央
扉も開いていて中にも入る事が出来ました。
室内
このクリーム色の箱1つに2億円はいるそうで、上の写真に写っている
だけでもざっと36億円!荷物室は前後に2カ所あるので相当な額です。
日銀間の現金輸送ですから1億や2億では無いと思いましたが、満載
時にはエライ金額になります。
箱
中央の警備室を覗くと日銀マークのメットにそそられます!
日銀メット
扉は窓が一切なく違和感ありありの車両です。扉上部にフックがあり
荷役作業時の目隠しでしょうかね?
扉
マニ50非貫通
走行時は厳重な警備が行われていてヘッポコがカメラに収めたのは
品川駅での入換時だけ。あとは走行時に1回すれ違ったきりでした。
マニ30
詳細部分の写真も撮り終え、昨年見られなかった屋外展示車両をゆ
っくりと見て回ります。
スユニ50
▲スユニ50 501
記念館は子供連れで全部で10人くらい来館してましたが、屋外展示
には人が居ませんでした。誰もいないと思っていたので、スユニ50の
車内に入った瞬間・・・ちょっとビビリました・・・
スユニ中
ホキ2200も細部を観察しHOで反映出来そうです。
ホキ
2時間ほど過ごして、大満足したので帰路につきます。昨年は降雪が
あったので降りませんでしたが、今回は手稲で一旦降りてみる事に。
手稲
カニ24 502とマニ24 502が休車の札をぶら下げて止まっていま
した。
手稲
▲マニの貫通引戸は緑ではなく青でした
しかし、風が冷たいので北斗星が入換をやっていた方までは行かず、
次の電車で苗穂へ向かいます。
黒ッぽい旧客が入換準備してましたが、寒さのあまりこの時点でカラ
ダの電池切れとなりました。
苗穂
もう寒すぎて行動する元気無いので苗穂の駅前にある温泉で時間を
つぶす事にしました。
温泉
▲もう手が悴んで看板をうつすのもやっとです
1時間ほど温泉でくつろぎ、カラダを暖めた頃にはすっかり日も傾きか
けているので行動は終了。もうちょっと元気だったら札幌の住宅街を
観察しようと思っていましたが、ムリです。
札幌というか北海道の家には、雪と寒さのせいでしょうかベランダとい
うモノが殆ど存在しません。また雪下ろしの関係か、余計な庇や平屋
部分が無く、ノッペリした四角の家でかなり特徴があり、ゆっくり観察
したいです。
家
札幌に戻り快速エアポートの時間までヨドバシカメラでちょっと買い物
してウロウロ。
帰りの快速エアポートは721系ではつまらないので、スーパーカムイ
の折り返し運用になる789系の「スーパーカムイエアポート」で指定を
とりました。
カムイ
通常の快速エアポートは6両編成ですが、これは旭川からのスーパー
カムイの折り返し編成のため5両編成による運転。空港の到着時刻も
17:01着と、夕方発飛行機の便にも時間帯が良いせいか普通車は
激混みです。指定席もほぼ満席となって発車しました。
ヘッドマーク
721系の指定席とは違いさすが特急車!という感じで、各座席背面に
コンセントが装備されています。周りのビジネスマンはPCの電源を取
ってましたが、ヘッポコはバッテリの目盛りが2個になった携帯の充
電をしてました。
コンセント
シートは可動式ヘッドレストも装備され、同じ300円の指定席料金なら
コッチの方がお得です・・・あんまり本数無いですけど。
室内
行きの721系指定席はコレでした。昨年は座席が茶色でしたが、リ
ニューアルしたのでしょうか?
行き
っと、まぁ日帰りで忙しかったですが、マニ30リベンジ戦は無事に終了
しました。海鮮モノばかり食べていたので肉が食べたくなり、羽田に到
着後、帰り道に松屋で生姜焼き定食を食べて帰宅となりました。

カテゴリー: 鉄日記   パーマリンク

マニ30リベンジ! への9件のコメント

  1. 西武マニア より:

    おはようございます。
    小樽、日帰りですか!物凄い行動力ですね!!
    空弁、美味そうですな~ ジュルリ(涎)
    小樽の記念館、一時期存続が危ぶまれた時期もあったかと思いますが、展示車両も比較的綺麗ですね。

  2. Osg より:

    札幌は夜に氷点下まで下がる予報でしたね(x_x)
    マニ30は、初めて見た走行シーンが小樽への回送でした(^^;

  3. D-Train より:

    モデラー様こんにちは~
    1日での早業すごいです!
    マニ30リベンジ果たせおめでとうございます。
    現金輸送車両だったんですね。
    窓や引き戸は埋められてるのは輸送物に合わせてた作りとは、初めて見ました。
    帰京前の特急車両の指定席は電源まであって新しい車両はさすがと思います。
    (もしかしたら今は当たり前かな)

  4. ヘッポコ出戻りモデラー より:

    >西武マニアさん
    こんにちは~。寒いから長時間滞在したくなかったので
    日帰りです。
    西武マニアさんだと1時間20分も快速乗ると空弁のつ
    まみだけぢゃ足りないですかね(^^)
    小樽は閉鎖されてましたが、最終的に市が継続してくれ
    たのでしばらくは大丈夫だと思います。
    屋外の車両は冬季、シートで覆うため意外とキレイです。

  5. ヘッポコ出戻りモデラー より:

    >Osgさん
    こんにちは~!そうですよ。1日ずれていたらきっと
    凍死していたと思います(>_<)
    小樽への回送ご覧になっていたのですか。羨ましいなぁ!

  6. ヘッポコ出戻りモデラー より:

    >D-Trainさん
    こんにちは!とりあえず、今回は目的がハッキリしてい
    たのでコレだけで帰ってきました。見るからに怪しい車
    両ですよね。
    新幹線は別として、サンダーバードとかは車端壁にコン
    セントついてましたが、新NEXとかはどうですかね?
    座席背面に全席あるというのは驚きました。

  7. こんばんわ
    やっと引っ越しも片付きまして…
    エアポート
    裕次郎ホーム着ですね。
    基本は行き止まりホームが専用のようです。
    札幌(所)の画像は
    稲積駅から降りて公道から1枚パチリですね
    7月の遠征時
    その道を親戚の自家用で通りました(^_^;)。
    次に行くなら789系に乗ってみたいです。

  8. ヘッポコ出戻りモデラー より:

    >南栗橋車両管理区荒川支所さん
    こんばんは。引っ越しお疲れさまです。
    そうですね、エアポートは4,5番線発着ですね。接続
    列車がある時は5番に入るみたいです。
    手稲はまさにその通りです!
    789系お勧めですよ~。

  9. 0842.北海道遠征2日目・午後/JR北海道?

    親戚と再度合流して昼食後 手稲駅まで{/cars_red/}で送ってもらう。 札幌運転所の回りを一周してもらう。 スラントノーズ183が保留車として放置してあったが 近いうち“廃車{/arrow_r/}ミャンマーへ譲渡”になるのかな{/eq_2/} 手稲で別れて 各駅停車で小樽へ移動する。 途中、行先として設定してある“ほしみ”ですが折り返し設備のない対向式ホームの棒線駅です。 ならば、ど

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">