再び関西-前編-

先週は夏以来の1泊で関西へ行ってきました。昼前に新横浜駅から珍しく新幹線での西下です。ホームへ上がると案内盤に回送と表示されていて「もしや」っと思っているとX0編成が入ってきました。(写真は出発後の後撃ち)

 

N700系9000番代試作車です。

試作車体のままで喫煙コーナーなどが設けられていないため営業には出られません。常に「試運転」幕でデータ取り走行していて、ドクターイエローならぬ「ドクターホワイト」と言った感じです。

その後続にヘッポコ工場長が乗る「のぞみ」がやってきました。

 

テーブル背面にスマートEXのステッカーが貼ってあり随分推してます。新幹線乗る機会減ったのでEXカードは解約してしまいました。

 

ッと言うわけで新神戸駅で下車します。

 

神戸トンネルの坑口がちょっと不気味です。

 

在来線は接続されていない駅ですが、特例で在来線乗り換え用改札機があります。営業上は三ノ宮駅にみなされていて、乗車券を継ぎ足しで購入するとき、制度を理解していない駅員さんに当たると、新大阪駅からの高い乗車券を買わされることがあります。

 

新神戸駅から神戸市営地下鉄で三ノ宮駅へ向かいます。

 

三ノ宮駅で下車し地下街の端から端まで移動して、同じく市営の海岸線に乗り換えます。

 

海岸線は三宮・花時計前駅となっています。JR神戸駅と同じ場所にあるのに海岸線はハーバーランド駅と謳ってみたり他県から来ると不思議な兵庫県です。

 

 

ちなみに、ココが始発駅で車止めがありました。

 

いつも通り川重へ向かいました。台湾のMRTでしょうか?積まれたパレット類にもワクワクしてしまいます。

 

西武40000系は出場したようです。



-つづく-

カテゴリー: 鉄日記 | コメントをどうぞ

台湾日帰り-その7・終-

萬年商業大楼の中はご覧の通りです。技MIXを購入。

 

再び地下鉄に乗り台北駅から空港行きのMRTに乗り桃園空港へ向かいます。看板の矢印は上ですが、エスカレータを降りていきます。前に進めという意味なんでしょうね。

 

出来たばかりできれいで明るいです。床面に斜めの線が入っていて画像のブロックノイズバグかと思ったら、タイルの切れ目のようです。

 

丁度急行が出発するところでした。車内は普通列車と違い集団離反シートで、4人掛けの所には携帯充電の設備があります。

 

空港に到着です。チェックイン開始は出発時刻の2時間前と言うことですが、2時間半前に到着してしまいました。座る場所も無く並んで待つことにします。

 

一番乗りでチェックインしてカードラウンジへ。ガラガラで3人しかいませんでした。ついでにラウンジでシャワーも浴びて帰ります。

 

20時45分発でしたが、出発が20分遅れになってしまいました。

 

21時05分出発です。

 

誘導路から滑走路へ出て、パワーが上がった瞬間もの凄い勢いで急停車し機内がちょっとざわつきました。キャプテンから離陸をやり直すと言うアナウンスがあり、再びぐるっと誘導路をまわるため15分ほど出発が遅れると。初めての経験でしたが、やっぱりシートベルト必要ですね。

 

そんなわけで0時40分頃羽田に到着予定が1時過ぎに到着しました。税関で今まで質問されたことが無いのに、夜中で早く帰りたい時に限って色々聞かれ、最後に「日帰りですか!?」って驚かれました。

 

都会へは深夜便のバスがあって良いですねぇ。ヘッポコ工場長は駐車場からクルマで帰ります。

 

あんまり気にしていなかったのですが、台湾新幹線のドア操作はヨーロッパ方式で、車掌さんが乗るドアは後から自分で閉めるヤツなんですね。



 

ご笑覧ありがとうございました。

-おわり-

カテゴリー: 海外鉄日記 | 2件のコメント

台湾日帰り-その6-

機関庫を後にして台北へ向かいます。

 

彰化駅のコンコースにこんな場所がありました。携帯の充電スペースです。日本語でも書かれています。

 

ホームへ行くと自強号の客車に車掌車がくっついていました。配給なのでしょうかね?

 

こんな車両も連結されていました。

 

高鐵台中駅へ向かいます。成功駅に居たマルタイは09-32という立派なヤツでした。

 

新烏日駅に到着しました。

 

台鐵ホームの横でMRTかなにかの建設工事が行われていて、コチラは08マルタイでした。

 

帰路の新幹線は残念ながら通路側の座席しか空いてませんでした。丁度バリアフリー応対に遭遇。クルーの制服はよく見ると新幹線カラーですね。

 

っと言うわけで、通路側で爆睡して台北駅に到着。コンクリートで固められていて、線路管理大変だと思います。

 

地下鉄に乗り西門(しーめん)駅に向かいます。原宿とアキバが合わさったような観光地で若者の街でもあります。

 

模型屋さんが沢山入った萬年商業大楼に到着です。



ーつづくー

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

台湾日帰り-その5-

過去の情報だけでよく調べずに行ってしまい時間前に到着しましたが、13時から見学可能と言うことで、守衛室を覗き込むと守衛さんがうなずいたので中へ入りました。
守衛さんが時計を指さしたあとフィンガーランゲージと共に「イチ、ヨン、OK?」っとココでも日本人として認めてもらえました(爆)
説明を見ると月曜休館、火曜~金曜は13時から16時まで、土曜日と日祝は10時~16時と書いてありました。休館日があったとは、アブねぇ(^^;

 

奥が守衛室です。ココに名前と電話番号を書くだけで入れてもらえます。ヘッポコ工場長は12時45分過ぎに到着して一番乗りでした。

 

12時58分守衛さんが「どうぞ」風な(あくまでそう感じた)言葉を言ったので参観路線に従い進みます。

 

デカイです。

 

救援車らしいモノも居ました。

 

丁度転車台に機関車がやってきました。

 

俯瞰できる展望台もあります。梅小路と違って現役の転車台というのがいいです。

 

ダメなところは「旅客禁止進入」と漢字で書かれているため、それ以外はどこに居ても注意されません。漢字だからなんとなく意味が分かっていいです。さすがにここを通ると怒られるかも。

 

日本と一緒ですね。

 

なんていう型か知りませんが、かっちょいい!

 

SLもいます。

 

夕方の方が出庫が多いのかと思います。

 

機関庫の奥には無蓋車が入っている番線もあります。スリーナインみたいな車止めです。

 

転車台の手前までは架線が張られていてELもはいってきます。

ッと言うわけで30分程見学して台北に戻ります。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

兵庫へ

昨日から再び関西に来ています。



カテゴリー: 鉄日記 | コメントをどうぞ

台湾日帰り-その4-

1駅乗り彰化駅に到着です。チキ、ホキがいて、奥は自強号の客車でしょうか。

 

何を運ぶホッパーでしょうかね。

 

快晴の彰化駅を後にし模型屋さんへ。

 

路地を入ると3分程で到着。

 

食べ物屋さんに混じって1軒模型屋さんがあります。

 

日本では見かけなくなったカーコレと台湾の貨車ワフを購入。その後昼食のため駅前のモスバーガーへ。

 

そして、前々から行きたかった彰化駅の扇形機関庫を見に行きます。

 

彰化機務段こと彰化機関区に到着。英訳だと車両支所と言った感じです。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

台湾日帰り-その3-

回送も出発していったので、在来線ホームへ向かいます。しかし、曇りの方がいいなぁ。

 

新幹線の台中駅で降りますが、在来線の駅名は新烏日(シンウーリー)という急行も止まらない駅になります。

 

20分ヘッドほどでやってくる普通列車に乗ります。

 

ひとつ隣の成功駅(チェンゴン)でスイッチャーと貨車がいたため降りてみます。

 

なんとなく懐かしい光景です。

 

車掌車はゼブラマークの物々しい感じです。日本で言えばワフをヨ2000風に改造した感じです。上の写真の後係員さんがいじっていて、テールライトの周りが赤になりました。運転開始が近いと思われます。

 

コチラの妻面には窓がありません。

 

スイッチャー。どこのか銘板探しましたが分かりませんでした。25tクラスかと思います。

 

奥にはモーターカーやマルタイもいました。黄色い客車は技術用の車両だと思います。

 

転てつ器標識も日本と一緒です。

 

反対方向(北上方面)の列車がやってきました。

 

時刻表を見に待合室へ行くと11:58発の斗六行きがあるのでこれに乗ることにします。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

台湾日帰り-その2-

MRT高鐵桃園駅で下車します。ホーム先端には分岐器が挿入されていて将来的には副本線が出来る感じです。

 

MRTの改札から高鐵こと台湾新幹線の改札までは徒歩1分弱という便利さ。いつも通りみどりの窓口へ。券売機でも新幹線の乗車券は購入出来ますが、窓側も含め座席が選べないので窓口で購入します。

 

入国審査が早かったため予定より1本早めの新幹線に乗車出来ました。台中駅を目指します。グリーン車でNT$905(日本円で約3200円)です。

 

T700系Nゲージは日本で漸く発売になるようです。身障者スペースのある7号車。

 

G車は隣6号車でそちらへ移動します。ヘッポコ工場長の座席は一番先端でした。日本のG車と違い先端は足が思いっきり伸ばせて狭くないです。

 

ヘッポコ工場長が座ると直ぐにクルーがやってきて、お菓子を出して「どっちにしますか?」ッと言うことでバームクーヘンをチョイス。もう一つはおせんべいでした。飲み物も「お茶とコーヒー?」と言われコーヒーを。無料なのがいいです。

 

完全なテツ曇り男になってきてニンマリ・・・

 

かなり明るくなってきました!

 

うひゃ。ドピーカン。南下するに従い快晴になりました。ま、雨よりは全然良いです。

 

ッと言うわけで台中駅に到着。一年前の台風リベンジです。ちなみに、帽子を被っているのが車掌さんで、緑色旗を持っている駅員さんは帽子なしです。

 

出発。

 

っと、同時に待避線側に回送列車がやってきました。

 

列番出ていて日本と同じです。

 

ホームの先端へ行くと停止限界標識など日本と同じでした。



-つづく-

カテゴリー: 鉄日記 | コメントをどうぞ

台湾日帰り-その1-

初のLCCに乗り台湾へ日帰りで行ってきました。利用したのはANAグループのピーチアビエーション、平日日帰り限定プランで航空運賃が往復7600円というプランです。コレに羽田・台北桃園の空港諸費用などが入り込み込み13030円です。それでも大阪片道並みの運賃で台湾が往復出来るのはとても魅力です。

 

羽田5時50分発ですが、ピーチはチェックインカウンターの人が搭乗口にまわるため出発の50分前まで、5時丁度までにチェックインしないと搭乗が出来ません。
この時間に羽田へ到着する交通機関はヘッポコ工場長の家からはないので、クルマで向かいました。体力のある人は最終で行き空港で夜を明かすことが可能と思います(^^;
都会に住んでいれば深夜リムジンの利用も可能です。

初LCC。3時間半のフライトです。

 

機内は所々にピンクというか、コーポレートカラーのパープルピンクの配色が使われています。

JALに比べればシートピッチも狭く、薄っぺらいです。長時間座っているとお尻が痛くなってきました。LCCであることを考慮するとコレは標準かと思います。
A320-200で横6列、30番まであるので180人乗り飛行機です。95%程の搭乗率で、ヘッポコ工場長の周りは若干空席があり、ヘッポコ工場長の3人掛けも真ん中は空席でした。

 

機内販売が始まりました。小腹が空いたのでピーチデニッシュに暖かいルピシア紅茶を頼んで、セット割りで500円でした。

 

40分程すると機内は減光されます。2時半起きだったので寝ることに。

着陸まで45分を切る頃アナウンスが入ります。写真は機内販売に見えますが、ゴミの回収です。レガシーキャリアだとゴミは放置気味ですが、こういう所は旅客に手伝ってもらう効率の良さです。逆にゴミが散乱していなくてレガシーキャリアよりも清潔な機内に感じました。

定刻より11分程早く小雨の台北桃園空港に到着です。

 

到着はJALとは違い第1ターミナルで勝手が違うためちょっと彷徨いてしまいました。昨年9月に行ったときは入国時はエラク並んで1時間近くかかりましたが、ターミナルの違いと時間帯の関係か入国審査は3人並んで10分程で入国できました。
今年開業したMRTの乗り場へ向かいます。看板では左上がソレです。

 

ラインカラー?とも言うべきパープルの配色でまとめられた切符売り場と改札です。案内の係員さんが券売機前も含め結構配置されています。

 

運賃表で運賃を探していると「ドコ?」っと片言の日本語で話しかけてきた係員さんがいました。流石欧米とは違いヘッポコ工場長は日本人に見えるようです(^^)
コチラも片言で「カオティエタオユェン」(高鐵桃園)というと指のジェスチャーと共に日本語で「サンジューゴ」って言ってきました(爆)やはり日本人に見えるようです。
NT$35(日本円約123円)で6駅です。「シタ、イチ」と言い1番線から電車が出ると言うことです。

 

発車案内盤の時刻は1分を切っていたため急いで階段を下りると列車は到着していましてヘッポコ工場長が乗るとドアが閉まりました。既に発車ベルは鳴り終わっていたようです(-_-;
空港より先は各駅停車のみで車内はロングシートでした。

 

LCDには現在位置や速度情報も出るので見ていて飽きません。ちなみに98キロ位出してました。

 

15分程で高鐵桃園駅に到着です。以前は新幹線への乗車や台北市内への移動はバス移動しかありませんでしたが、MRTの開業で新幹線への乗車が楽になりました。
ちなみに、路線図では紫がラインカラーですが車両はブルーでした(爆)

 

改札を出て階段を下りると新幹線の乗り場です。小雨は上がっていました。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | 2件のコメント

台湾へ

今日は初のLCCで台湾に来ています。

暑いです。

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ