千歳烏山のバス折返し所

ホビダスへのアップが全然出来ません。やっとこさログイン出来ても、管理画面までたどり着けず、更新がままなりません。

駅前にバスのりばを作りたいという願望はありますが、如何せんスペースを必要とします。京王線の千歳烏山駅のバス停はちょっと変わっています。

マンションの1階は自動車の駐車場と言うのはよくありますが、バスのりばというのはあんまり見かけません。

 

吉祥寺駅発千歳烏山駅行きのバスが到着しました。

 

誘導員さんに誘導されバックでマンションの下へ入っていきます。

 

文字だけだとシュールな感じですが、意外と馴染んでます。

 

屋根があるので雨の日も楽チンそうですが、風があるとベンチへ吹き込んでしまいそうです。

 

接近情報の電光掲示板もあり、ストレス無く待っていられそうです。





カテゴリー: ストラクチャー | 2件のコメント

DHL大型トラックセット

またホビダスブログ不安定です。そして、またカーコレですが、2018年4月に発売されたトラコレDHL大型トラックセットです。購入からやはり1年近く経ってしまいました。

DHLはドイツの国際宅配会社で、日本国内でも配送を行っています。日本ではCFが一時期流れていましたが一般人にはあまり馴染みが無いと思います。似たようなのにフェデックスがあり、ヘッポコ工場長はフェデックスは何度かお世話になったことがあります。で、今回のトラコレはDHL仕様でキャブは日野プロフィアといすゞギガす。

 

日野プロフィアです。マッキッキな車体はモジュール内では結構目立ちます。

 

コチラはいすゞギガ。同じくマッキッキです。

 

DHLのクルマは他からも出ており、ドイツブッシュ社からはフェデックスと共にバンが発売されています。

 

コチラのバンはベンツ仕様のため、ダイムラー社のフォログラムが貼り付けられています。カーコレでもベンツ、BMWの発売を期待したいところです。

 

映画ミッションインポッシブル3で、トム・クルーズがバチカン市国に潜入するのにこのDHLのバンに乗って潜入します。

 

日本にあるDHLの基地を見に行ってみたいです。

 

ちなみに、ドイツの郵便ポストは黄色です。集荷時間が書いてありますが、平日と土曜日が朝8時となっていて1日1便のようです。

 

郵便車も黄色なのでこの辺に色の由来があるかもしれません。

 

コチラはDHLと同じカラーリングのトラックです。埼玉ソウルフードの「ぎょーまん」のトラックです。お後がよろしいようで・・・





カテゴリー: 保線日報-自動車 | コメントをどうぞ

トラコレ水槽付消防ポンプ車セット

2017年9月に発売された「水槽付消防ポンプ車セット」です。購入して1年ほど放置していましたが、インレタ貼るために漸く開封しました。2011年に発売されたトラコレI消防車セットの焼き直しと思われますが、何故か今回は水槽付きと表現されています。

 

コチラは日野レンジャーです。単灯回転灯の古いタイプです。

 

コチラは日野ライジングレンジャーで、散光式回転灯の現代版です。

 

コチラは前回のトラコレ2台セットIの日野ライジングレンジャーです。今回のと殆ど変わりがありません。ナンバーが違う程度です。レンジャーと共にあえて水槽付きを謳った焼き直しと思われます。水槽付きという事であれば、東京、川崎、横浜辺りの消防署ができます。

 

水槽付きと言うことなのでリヤの標記も欲しかったです。大型車ではないため800リットル程度の積載量と思われます。水槽付きならシャッター式の大型ポンプ車を期待したいです。





カテゴリー: 保線日報-自動車 | コメントをどうぞ

近代型詰所-その8-

乗務員休憩室の食事用の椅子を用意します。バーベキュー用の椅子を使います。

 

白色と銀色が入っていますが、白色は使い切ったので銀色を白く塗ります。

 

こんな感じです。

 

テーブルの壁の裏はトイレになっています。

 

飯がまずくなりそうなのでちょっと配置変えようかな・・・





カテゴリー: ストラクチャー | コメントをどうぞ

消防出初式

年始最初の週末辺りに出初式が設定されています。東京消防庁や横浜市消防局とかは大々的にやっていますが、それ以外でも市単位や行政区単位でも出初め式が行われています。

寒いですが近くの出初式見に行ってきました。コチラは鎌倉市消防本部の出初式会場です。

 

レイルビューな会場です。普段見られない消防車も出初式では近くで見ることが出来楽しみの一つです。

 

王道な水槽付きポンプ車で1500リットル積めます。

 

実演中の救助工作車。クレーンは救助ロープ張るのにも利用されています。鎌倉市は湘南の海も控えているので、鎌倉消防署には左端にいるような水上バイクとバイク運搬用トレーラーが配備されています。

 

レスキュー車のウインチから出た救助ロープの終端は右のポンプ車がウエイト代わりに押さえています。クレーン付きトラックは防災搬送車というもので、資機材の輸送に使われます。この時はレスキュー車と共に救助ロープにテンションをかける役目をしています。

 

普段は消防本部のある大船消防署の脇に止まっています。クレーンの性能は2.3t吊りで上の実演中のレスキュー車クレーンは2.9t吊りです。カーコレでこういうのも出ると配置車両のバリエーションが増えそうです。

 

コチラは川崎市消防局ですが、救助工作車はクレーンの他、投光用機材も装備しています。

 

コチラは栄区の出初式に来ていたバスです。コレが緊急走行する時は地方への災害派遣時以外はまず無いと思いますが、この時は音楽隊の隊員が乗車してきました。

 

出初式の楽しみの一つに地域消防団のポンプ車と言うのもあります。

 

鎌倉市の場合、全体を見ると特に変わった車両はいませんでした。回転灯も散光式になっていて単灯回転灯のポンプ車は見当たりませんでした。コチラは第24分団のポンプ車です。機材室に格納シャッターが付いています。第24分団は深沢地区という工場地帯を管轄しています。デンカや三菱と言った工場が多く、かつてのJR大船工場もこの地域です。

 

コチラは第20分団で風光明媚で重要遺産がある鎌倉地区を管轄しています。ホースとホースカーが降ろされていてシャーシーと架装構造が分かる様になっています。第24分団と比べるとタイヤハウスが出っ張っていないため床全体を縞鋼鈑で覆っています。

 

コチラは戸塚区です。戸塚は山間で住宅密集地が多いせいか消防団のポンプ車に軽自動車が多く採用されていて見応えがあります。第三分団は東戸塚辺りを管轄しています。第八班と書いてあり、隊名表示灯は「3-8」とだけ書かれています。ホイルキャップは銀色です。

 

コチラも第三分団第七班となっていますが、第八班と異なり隊名表示灯が「川上町」と書かれています。横浜新道の川上インターがそれに当たり、団地が多い地域です。ナンバープレートは軽の黄色で、ホイルキャップは赤色です。こういう軽のポンプ車が見られるので楽しいですが、ちびっ子達は見向きもしません。

 

コチラは日立製作所の企業自衛消防団のポンプ車です。「ITプラットフォーム事業本部横浜事業所」とドアに書かれ、隊名表示灯は「HITACHI」となっています。日立製作所は会社の音楽隊が近くの会場で演奏をするので、その関連で消防団も参加していると思われます。こういうのが見られるのも楽しいです。

 

コチラは変わったところでJR総研の自営消防団の消防車です。10年程前ですがまだ居るのでしょうか。各企業が設置する自営消防団の消防車を見るのもとても楽しいです。ちびっ子達ははしご車とかの方を見て喜んでいますが、軽の消防車やこう言う古いのを見て喜ぶのはおじさんだけです。

 

コチラは我が小船工場の自営消防団のポンプ車で、コチラも軽のポンプ車です。当自営消防団はヘッポコ工場長が管理権限者です。

横浜市は今週末横浜港駅跡付近で出初式が行われます。天気がよかったら見に行こうかと思っています。




カテゴリー: 保線日報-自動車, 鉄日記 | コメントをどうぞ

近代型詰所-その7-

部屋を分けるための仕切りと、1階と2階の仕切りとなる板をプラバンで切り出します。

 

直角に切るとか、水平を出すとかが一番苦手な作業でして、スコヤを使って慎重に垂直水平を出し、貼り付けます。

 

1階2階ともに3ブロックずつの6部屋が完成しました。

 

1階は検車部門の事務所で、常駐する列車検査班担当2名と助役1名で3名分の机と応接セット、2階は常駐する運転助役の机兼点呼所があるのみで、奥は乗務員の休憩所で出入庫時最大5人が集まり、夜間は乗務員が1人泊まる設定です。書類キャビネットとかをYSKに期待しちゃいます。

 

ドリフのセットみたいになってます。寝室とトイレ、シャワー室をどうするか悩み中です。壁は構造壁では無いので1階と2階で通り芯は合っていません。





カテゴリー: ストラクチャー | コメントをどうぞ

箱根駅伝

関東だとこの時期の風物詩で、箱根駅伝というのがあります。ヘッポコ工場長の家の近くに国道1号線が通っているので見に行こうと思っていますが、いつも腰が重たいです。
今年は行かない代わりにホバリングしているヘリを撮ってました。復路ですが、日差しが熱いのか南側はカーテンが引かれています。

 

コチラは前日の往路です。同じくカーテンが引かれています。上の写真と共にデジタルズーム効かせて1360mm なので画像は粗く、空気の層も写って見難くなっちゃってます。

 

コチラは10年前のトミカ博で展示されていた中継車です。もう骨董品の中継車です。日テレのロゴも古いです。

 

今見ると装備も古い感じがします。

 

ジャイロキャムも骨董品です。JAEと言う日本航空電子工業製のカメラですが、このシリーズは既に世代交代しています。航空電子が付く会社名ですが、放送局やレコーディングスタジオでは、この会社の製品でコネクターなどが多く使われています。





カテゴリー: ストラクチャー | コメントをどうぞ

初荷

お正月は先月から動かなくなってしまったMDプレーヤーを分解清掃とグリスアップして復活させてました。我が家のMDプレーヤーはバリバリの現役なので無いと困ります。

 

いよいよ今年も始動と言うことで、小船貨物駅では初荷の出発式が行われました。以前の初荷は1月2日でしたが、最近は4日に初荷が行われることが多いです。

 

袋詰めの小麦粉でしょうか。観音開きの「1」は削り取った方がよさそうです。

 

小学生の頃、東京に住んでいるとき近くの街の運送屋さんでは、トラックに「初荷」と書かれた幟とエプロンをくっつけて盛大に出発式をした後、そのまま走っていったのを見た記憶があります。平成ヒト桁頃までは大手の物流トラックも「初荷」のエプロン付けて走っているのを見た記憶がありますが、最近は殆ど見かけなくなりました。
運ちゃんが居ない(汗)





カテゴリー: ストラクチャー歳時 | コメントをどうぞ

謹賀新年

昨年も拙いブログにお付き合い頂きありがとうございました。本年も相変わらずではございますが、よろしくお願い致します。
今年はモジュールでこういう事を本気でやりたいです。

カテゴリー: 信号日報 | 4件のコメント

近代型詰所-その6-

休みや連休が近づくとホビダスブログ不安定になります。

手すりを塗装し、古めかしいベンチレータを仮付けしてみました。

 

素組であればコレで組み上げれば完成ですが、このあと内装と電飾工事があります。

 

先日購入したYSKの事務机やソファーを配置します。

 

こんな感じです。両袖机と片袖机の2種類が入っています。

 

レイアウトを凝り始めると作業が進みません。





カテゴリー: ストラクチャー | コメントをどうぞ