2017夏・バンコクへ-その11-

待避線の奥に続く側線に貨車が止まっているのを前日発見し、その正体を見に来ました。

 

駅側を見渡すとこんな感じです。

 

貨車に近寄ってみると2軸貨車で無蓋車のあおり戸を取ってしまった様な感じです。

 

製造銘板なども見当たらず、朽ち果てる寸前と言った感じです。

貨車の観察が終わりホームを挟んで反対側へ行ってみます。昔はもう少し手前から待避線が膨らんでいたようです。ポイントがこんなに車で踏みつけられたら脱線の元です(-_-;

 

ポイントの発生品がありました。交換したものと思われます。

 

程なく折返し列車がやってきたので帰ることにします。

 

車両は交換されてきたようです。

 

沿線のバナナの木にバナナがなっていました。初めて見ました。

 

またまた保線車と遭遇。いきなりだったのでブレブレです。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

2017夏・バンコクへ-その10-

2日連続で深夜の雷鳴で起こされましたが、翌朝も晴れていました。冷房の効いたホテルの部屋から外へ出るともの凄い湿気で参ってしまいそうです。

カメラレンズが結露を起こしてしばらく撮れませんでした。徐々に温度を上げないとカビの元にもなりそうですね。BTSに乗りウォンウェンヤイ駅へ向かいます。

 

1234号の編成がいました。前日に車窓から気になった場所へ向かいます。

 

乗り慣れてきた感じで、どこで景色が開けるか覚えてきました。ケガしても自己責任です。

 

ココは列車が日中は止まらない駅ですが、横にあるこの学校への通学のために朝晩だけ止まるようです。

 

遮断機操作している踏切警手のおじさんはいつも同じおじさんです。

 

少し進むと沿線は湿地帯で、右側の鮮やかな緑色の木はバナナの木です。バナナの木はアチラコチラに生えています。

 

40分程乗車し、目的地のコークウァイ駅に到着です。

 

交換駅です。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

2017夏・バンコクへ-その9-

出札窓口はまだクローズと札が出ています。駅員さんテレビでも見ているのかと思ったら、国民用の無料乗車券を一生懸命印刷していました。

 

その間でも駅構内は自由には入れるので散策します。道床砕石は全くありません。

 

ゴミを乗せた手作りトロッコ・・・

 

よく見ると車輪にフランジが無くガイドで押さえていました。

 

ホームにも道床砕石は無く、何となくピット風な感じです。昔の日本の地方私鉄もターミナルはこんな感じだったと思います。

 

出札窓口に人が並び人の回転が始まったので切符を購入すると程なく列車がやってきました。ボックスに座りましたが、車内は真っ暗です。

 

夕方のラッシュ時と言った感じでそこそこの乗車率で出発です。踏切の警告灯はLED化が進んでいます。

 

ってな訳で、途中から寝てしまいまして、起きると目の前の年配の女性はS字フックを使って荷物をぶら下げていました。慣れています。
気がつくと室内灯も点いていました。

 

BTSを乗り継いでホテルへ戻りました。ウエルカムフルーツなんだか訳の分からない果物が増えていました。

 

食事しに夜の街へ繰り出します。


-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | 2件のコメント

113系1000番代-その18-

型に沿って切ったマスキングテープ貼るだけで余裕でした。

 

が・・・反対側はマスキングテープに持って行かれました。
「このっ○ゲーッ!」って怒鳴りたくなりました(-_-;

 

プラ車体でマスキングテープに持って行かれたのは初めてで、もう少しペタペタとやってみるとコレだけの範囲が取れてしまいました。

 

関係有るかわかりませんが、マスキングテープはいつもタミヤのを使用していました。今回そのうち18mmが無くなってしまい、模型屋さんへ買いに行くもタミヤの詰め替え用が無く、この右側に写っているマスキングテープがあり初めて使いました。一応当社では使用禁止品になりました。

 

タッチアップ開始です。

 

塗装段差をヤスって再度。さて、この先うまくマスキングできるでしょうか・・・

 


 

カテゴリー: 工場日報-113系 | コメントをどうぞ

2017夏・バンコクへ-その8-

折返し時間は約10分で通学の子供達を沢山乗せて、本日の最終列車16時40分発メークロン行きが出発して行きました。

 

車内から手を振ってくれている子供が居ましたが、恥ずかしくて振り返せませんでした(^^;
どうやらメークロン駅側で列車はマルヨするようです。

 

バーンレム駅に給油設備がありました。

 

燃料タンクです。マークロゴはありますが、名称は書かれていません。こんなのもドバイで撮っていたら怒られます。

 

また住宅街を300m程歩き、フェリー乗り場へ向かいます。

 

35℃くらいの炎天下にずっと居たので、疲労度もかなり上がりました。ターチン川をフェリーで再び渡り、メークロン東線側へ向かいます。あまりきれいな川ではありません。

 

市場を抜け、マハチャイ駅へ向かいます。

 

マハチャイ駅です。改修工事が行われているようです。

 

時刻は既に17時を過ぎており、この時間になるとホーム上のマーケットは閉店していました。

 

往路に寄ったときにいた列車は出庫していったようです。

 

線路を歩く人は沢山いますが、流石に工場へズカズカ入っていくと怒られるに違いありません。




 

-つづく-
 

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

2017夏・バンコクへ-その7-

メークロン駅からバーンレム駅行きの列車出発シーンです。

屋台の収納方法。よく出来ています。



カテゴリー: 海外鉄日記 | 2件のコメント

113系1000番代-その17-

アルファモデルのテンプレートでマスキングテープを切り出します。中間車なので、難しいことはなくただ切って貼るだけです。

 

マスキングテープ貼り付け後、滲み止めを吹きます。滲み止め吹く方と吹かない方の割合は、ヘッポコ工場長の周りでは吹かない方が7割位な感じです。滲み止め吹いても回り込むときは回り込みますし、精神衛生的な感じです。

 



カテゴリー: 工場日報-113系 | コメントをどうぞ

2017夏・バンコクへ-その6-

メークロン西線は1日に4往復なので、こう言う風景を撮ろうとすると約3時間後の列車まで待たなければなりません。でも、コレが目当てなので待つことにします。奥の方では記念写真を撮る観光客が余裕かましてますし手前の黒い服の男性もまだ余裕です。

 

手前の男性かなり厳しい体勢になってきました(笑)

 

列車が到着時は列車の前で記念写真を撮る人が多かったですが、それだけなら別に他の駅でも良いわけで(^^;

しばらくするとご覧の通り空いてきます。

 

駅の奥は車止めが設置されています。

 

直ぐ後ろはメークロン川になっていますが、市場からの進入速度を考えるとこの車止めで充分だと思います。

 

帰りの乗車券を買うために出札窓口へ行くと、到着時刻の書かれた板を指さして、時間まで売らないよと言う意味に捉えました。窓口横にはマスコットがフライ旗持って敬礼しています。

 

3時間もあるので外へ出て市場付近を彷徨くことにします。

 

市場なので食べ物が多いです。

 

野菜・果物・穀物・魚介と何でも揃います。

 

雑貨や靴なども売っています。左奥のお店は扇風機の専門店です。

 

ッと言うわけで3時間半を過ごし、帰りに乗る列車がやってきました。
ここに居る人たちの殆どは観光バスで「見に来ただけ」の人たちですが、一部の中国人団体は列車に乗って1キロほど走った所の駅でも何でも無い踏切で列車を止めて、みんな降りていきました(^^;

 

各車両20人程度を乗せて列車はまたバーンレム駅を目指します。途中併走していたバイクの人は列車に手を振っていました。のどかで良いです。

 

16時30分バーンレム駅に無事到着しました。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | 2件のコメント

2017夏・バンコクへ-その5-

留置線から後ろを振り向くとバーンレム駅のホームがあります。

 

出札窓口へ行くと、駅員さんは居なく中に居た人がベンチを指さして、座っている様にとのリアクションで切符は買えません。出発までまだ1時間以上あります。

 

線路はかなりよくなっています。

 

駅員さんが戻ってきたので切符を購入。メークロン駅までは10バーツで、10+3+10で23バーツ、60キロ強の距離を約85円位で移動できることになります。もの凄いコスパです。
列車は1日に4本しか出ていません。買うのは10時10分発のメークロン行きです。

 

留置線に止まっていた車両の形式写真を撮りに行きます。1214号車です。

 

出発時間の10分程前に時刻通り列車がやってきました。バーンレム側から・・・1226-1221-1227という3両編成です。先ほどの1214は予備車と言うことでしょうか。

車内は東線と殆ど変わりません。

 

富士重製の車両です。

 

車窓は東線と違い田舎の風景となります。

 

途中、無蓋車が2両いましたが使われている様子はありませんでした。

 

おっ!変電所・・・ッと思いましたが、ココは非電化区間でした。ドバイでコレ撮っていたら間違い無く怒られます。

 

ッと言うわけで約1時間かけて30キロほどの道のりを走り、メークロン駅に到着です。ウォンウェン・ヤイ駅からは約3時間の道のりでした。
しかし、完全に観光地となっています。



 

-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

2017夏・バンコクへ-その4-

飲んだくれたあと、深夜に雷鳴でおこされましたが朝はスッキリ晴れていました。

 

雨上がりの朝なので風呂場を歩いてる感じです。

 

目的地はメークロン駅で2年越しの念願です。朝8時台ウォンウェン・ヤイ駅を出る列車で向かいますが、列車は到着が15分ほど遅れていました。メークロン駅は途中ターチン川をフェリーで渡り、その先メークロン西線に再び乗ってから向かいます。
メークロン駅までの通し切符は買えないようで、東線の終点マハ・チャイ駅まで切符を購入します。値段は10バーツ(約35円)です。距離は約30キロと言った感じで東京~保土ヶ谷位が35円で乗れます。

 

5分としないで出発です。途中保線車とすれ違い(追い越し?)ました。

 

マハ・チャイ駅に到着です。車止めは無く奥が整備庫になっています。メークロン程ではありませんが、ココも線路上にお店が出ていてミニメークロンと言った感じです。

 

線路上で無くても市場があり人でごった返しています。200~300m程市場を抜けてフェリー乗り場を目指します。フェリーに乗ってからは西線のバーンレム駅を目指します。

 

フェリー乗り場に到着。窓口で3バーツ(約10円)で切符を買い、乗り場横に居る女の子に切符を渡して乗船です。

 

到着したフェリーに乗ります。

 

時刻表はあるんだか無いんだか、大体イッパイになったら出航です。

 

フェリーを下りたところも市場になっていて、降りて薄暗い市場を抜けて道路へ出ます。振り返るとこんな感じ。

 

セブンイレブンが有ったので飲み物を調達します。事前に購入したミネラルウォーター500ml2本は行きの車内で殆ど飲みきってしまったので補給です。

 

住宅街を数百メートル歩くといきなり線路が出てきました。昨年まで若返り工事をやっていたため線路がきれいですが、ココはおそらく今年に入ってから整備された側線だと思います。



-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ