北西へ

今週は再び日本を離れてドイツ経由でブリュッセルに来ています。いつも通りフランクフルトへ出て、オランダ・アムステルダム行きのICEに乗車します。
アムステルダム行きのICEに付いているロゴは、オランダのものでしょうか?

途中ケルン駅で乗り換え、フランス・パリ北駅行きのタリスでブリュッセルへ向かいます。

今年はアメリカヨーロッパ クリスマス飾りが両方見られました。

今宵はブリュッセル泊です。

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

2016初冬・ピッツバーグへ-その3-

ピッツバーグは鉄鋼と石炭の工業都市ですが、付近は丘陵地が多く丘の頂上にはクルドサックを用いた住宅街が広がります。

 

コチラのクルドサックは宅地の取付が放射状になっています。

 

大きなUターンタイプ。サークルの中に入ってしまっている家の裏手には植栽がありプライバシーを確保しています。同じっぽい家なのでベッドタウン開発業者による建売なのでしょうかね。

 

定刻通り着陸・・・したはず(時刻確認失念)。

 

手荷物受取所へ向かうと、ヘッポコ工場長のスーツケースが無事に出てきて一安心。乗換や外国での積みこみはちょっとドキドキです。
先日、会社の後輩がポーランド・クラクフへ行った際スーツケースが無くなって翌日届いたという話しも聞いていたのでドキドキしてました。

 

いつもは「地球の歩き方」とか購入するのですが、ピッツバーグは田舎過ぎてガイドブックがありません(爆)。この先は自力です。
とても殺風景な空港で案内も不親切でよく分かりません。インフォメーションで市内への行き方を聞くと「6番出口から28系統のバスが利用できる」と言われ6番出口へ。

 

出口横に券売機を見つけ、どうやらこのバスらしいです。2区間制になっていて、初乗り区間は$2.50、市内中心部ダウンタウンまでは$3.75で、ダウンタウンまでのチケットを購入。

 

リムジンバスかと思って居ましたが、ポートオーソリティーと横に書いてあるので、ライトレールを運営しているピッツバーグ港湾局運営の路線バスのようです。券売機の説明を読むと、3時間以内の乗換ではライトレールへの追加運賃は要らず、このチケットが使える様です。

 

出口の横にバス停があり「28X」系統とあったのでココが乗り場です。数人の先客が居ました。

 

バス停には時刻表が有り30分間隔のようで、早朝から深夜まで運転があります。「28Xピッツバーグダウンタウン・オークランド行き」と方向幕が出ていたのでこのバスのようです。時刻表からは15分遅れでやってきました。

 

11名の乗車で出発です。急行路線バスと言った感じで、途中で3人程の乗り降りがあり、ダウンタウンに入ると降車旅客が多くなりました。下車の際は窓横に這わせてある黄色い紐を引っ張ります。

 

ヘッポコ工場長はライトレールの最寄り駅、ウッドストリート・7th停留所で下車です。ココではヘッポコ工場長のみ下車でした。

 

駅舎入口の写真を撮り忘れました。昨年ロサンゼルスでトンネル内を撮影していたら怒られましたが、今回は大丈夫なようです。
ピッツバーグは以前G20が開催され鳩山元首相も訪れた事が有り、ピッツバーグ自体は治安がとても良い場所です。

 

怒られるどころか、警備員が見当たりません。よほど治安が良いようです。

 

ガラガラでした。

 

-つづく-

 

 

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

2016初冬・ピッツバーグへ-その2-

ダラスフォートワース空港と言うそうですが、無事に到着。結構ガラーンとしてますが、広い空港内を乗り継ぎのため移動します。

 

アメリカでの飛行機乗り継ぎは初めてです。入国審査のあと荷物を受けており、税関を通った後再び荷物を預け直し再び手荷物検査という、慣れてないのでとまっどってしまいます。
なんだかんだで降機後1時間15分して漸くターミナルの移動が出来ました。

 

空港はとにかく広いので手荷物受け取り時に、空港スタッフに飛行機便名を伝えてどこの搭乗口かスマホで調べてもらいました。
ターミナル間の移動はモノレールで移動します。

 

環状線構成になっているので、ずっと乗りながら空港内見ていても飽きません。

 

ターミナルの移動を終え搭乗時刻まで付近を彷徨きます。

 

マックがあったのでソーセージエッグマフィンを食べることにします。ビスケットは抜きにしてもらいました。

 

写真ではうまく表現出来ませんが、マフィンは普通ですが、Sサイズのコーヒーがデカかったです。

 

サッサと食べ終え乗り継ぎの機材を確認するとS80となっていました。

 

初めて乗る機材です。

 

搭乗口で見てましたが、日本人はヘッポコ工場長だけでした。

 

定刻通りテイクオフ。フェデックスのデポが見えます。

 

ドリンクサービスが始まりましたが、客室乗務員さん天井にアタマが付きます。

 

お菓子と飲み物が配られます。ビスケットのようなものが付いてました。

 

約2時間半のフライトですが、ピッツバーグの街が近くなってきました。ピッツバーグは現在でも石炭の採掘と輸送が行われています。

 

-つづく-

 

 

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

2016初冬・ピッツバーグへ-その1-

火曜日に無事帰宅しました。今回は東急オールステンレスカーの起源を見に行くためピッツバーグへ向かいます。ペンシルバニア州にあるピッツバーグは、鉄鋼と石炭で栄えた街で、特に観光地では無い場所です。

今回も平日朝の成田エクスプレスで成田空港を目指します。

 

今回東京駅を出発してもヘッポコ工場長の車両には誰も乗ってこず、へポコ工場長貸切でした。

 

成田空港に到着。いつもの「AKIHABARA」を見て出発を感じます。

 

ダラス空港まで約12時間の旅です。

 

今回は787なので快適なはずです。

 

今回も非常口前の足が伸ばせる座席です。

 

隣の座席には誰も来なかったので快適なフライトになりました。

 

成田を出て直ぐ太平洋に出ます。

 

1食目は肉じゃがをチョイス。

 

おやつは冷たい調理パンにオレンジジュースをチョイス。

 

ダラス到着前はまたまた苦手な牛丼が出ました。おきまりなんですね。

 

14時間の時差がありダラスは出発日、金曜日の朝を迎えるところです。なんかお得感があります。

 

ダラスの街並みが見えてきました。

 

-つづく-

カテゴリー: 海外鉄日記 | 2件のコメント

オリジナル見学

Hさんに東急7000系の原形があり保存車があると聞き、見に行って来ました。

タクシーを飛ばすこと約30分、ピッツバーグ郊外の片田舎にやって来ました。

事前にメールで見たい旨を連絡しておき、到着するとビジターマネージャが待っていてくれました。
早速案内して頂き保存庫行くと…ソックリです!

今宵も夜景が素敵なピッツバーグ泊です。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

東へ

成田から飛行機を乗り継いで約18時間、自宅からは初の1万キロ超えで、アメリカのペンシルバニア州ピッツバーグにやって来ました。

直行便が無いようなのでダラスで乗り換えます。

ピッツバーグの鉄道はトラムが殆どですが、ニューヨークからシカゴへ向かうアムトラックも走ってます。

日本でもブラックフライデーなんてどこかの小売業者が騒ぎ始めてますが、感謝祭が無い日本には単なるバーゲン週末でしょうか。コチラとは規模が違います。

ピッツバーグ泊です。

カテゴリー: 海外鉄日記 | コメントをどうぞ

多扉車

通勤車両の扉は1両当たり3~4扉が一般的ですが、乗降時間の短縮のため5扉、6扉車が90年代からかなり出てきました。最近ではホームドアに対応しにくいとかで置き換えが始まっていて、何れは消えてしまうのかと思われます。

 

見つけてはチョコチョコ記録するようにしています。

 

外観はなんとも言えない異様さですが、平日朝間は車内も異様です。座席も無く「客は荷物か?」なんていう見出しの新聞見た記憶もあります。

 

その点、京阪のは感心しちゃいます。

 

日比谷線の5扉車も整列乗車の関係で3扉での運用があったり、コレはコレでまた面白い分野だと思います。

 

カテゴリー: 鉄日記 | 2件のコメント

妻面塞ぎ板

BONAから発売されているエッチングパーツで、甲種回送用塞ぎ板が家の中で発掘されたので早速塗装してみました。
シールプライマーを全体的に吹き付けます。

 

シールを丸1日養生させて、GMのアルミシルバーを吹き付けます。

 

このパーツキットには塞ぎ板の他に後部標識も付いています。コチラには赤を筆塗りしました。

 

新造車両の端部に取り付けたいです。

カテゴリー: 工場日報-その他 | コメントをどうぞ

保線基地モジュール-その18-

出かけてばかりでPCに時間をかけてる暇が無くて、今週はPCメンテを行っていました。

模型はちょっとずついじってます。保線基地の門扉取付、塀の塗装となりました。門扉は開口面積を稼ぐためGM製をニコイチに。

 

詰所を囲むように塀を設置します。

カテゴリー: ストラクチャー, 保線日報モジュール | コメントをどうぞ

夜景対応-その22-

エクシンテック製のLEDセットはコネクター付きとなっていますが、コレを車内に通せるように床板部分にコネクター大の穴を開けましたが、線だけ通しても良かったかもしれません。

 

点灯試験をして良好だったので各部材を戻します。

 

完成です。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント