協三20t-その3-

手すり類の取付穴はΦ0.5と説明書にありましたが、ちょっと大きすぎるようで手すりのストッパーが抜け落ちてしまうようで、Φ0.4位が丁度良さそうです。

 

この洋白板はちょっとツヤツヤ過ぎるので、サッシ部分も先に取り付けてしまい後で銀色に塗装することにします。

 

ワイパーはHゴムの塗り分けの邪魔になるので後付けにします。

 

無垢のボディーがほぼ完成です。台枠は仮台枠です。今週中には塗装に入ります。

カテゴリー: 保線日報-その他 | コメントをどうぞ

協三20t-その2-

モジュールは現在、建物基礎の段差解消中で地味な作業が続いてます。

スイッチャーは、ボンネットに手すり類を取り付けるため、Φ0.5ミリの穴明けをしてエッチングの手すりを取り付けます。

 

ボンネットの手すり類を取付てまた根気切れです。

カテゴリー: 工場日報-その他 | 2件のコメント

協三20t-その1-

全く持って日本車に愛着がわかない状態に困っております。全く手つかずの一つ、ワールドのスイッチャーキットですが、カラーリング悩んでも仕方ないので、「エィッ、ヤァー」っとやっつけ(のはず)で進めることにします。

 

2台分のボディーがあるので頑張れば2台出来るのでしょうか?

 

愛着が無い分、拘りも無いのでサクサク・・・行くはずです。

 

根気が無いので息切れです。

 

 

カテゴリー: 工場日報-その他 | コメントをどうぞ

保線基地モジュール-その15-

台風9号は首都圏で色々被害が出てしまいました。自宅警備中でしたが、台風の目が近づいて雨が上がった時、戸塚まで所用で出かけましたが、戸塚駅構内を流れる柏尾川が増水していました。東海道線は東京-熱海駅間が運転見合わせとなっていましたが、横須賀線はN’EXをはじめ動いていました。 

 

踏切部分を舗装表現として、バラスト撒布を再開しました。

 

バラストの在庫を探さないと作業が進まない状況になってきました。

 

建物基礎とタタキの部分に妙な隙間が出来てしまいました。部分修正を行います。

カテゴリー: ストラクチャー, 保線日報モジュール | コメントをどうぞ

JAMへ-企業編-

トミックスの築堤シリーズ。

 

列車待避所なんかも設置できるようです。

 

ペデストリアンデッキに駅舎が負けている感じです。

 

踏切とか舗装もいい感じです。

 

40周年記念クリーニングカーは急行便の文字が入った仕様です。

 

KATOはMAERSKのロゴがはいった機関車が発売予定になっていました。

 

やっちまった感の開放ピット線路は使い方が具体例になっていました。

 

いい感じです。

 

カラーパウダーなんかがリニューアルされていました。

 

企業ぢゃないけど今年のJAMで一番気になったのは、ノーズ可動の模型があるモジュールでした。

 

今回の戦利品。

化けサロセットは並ばないで買えると言うことで、久々に日本型で欲しい雰囲気に浸りました。

 

JAMも見終わり、今年の短い夏も終わりが見えてきました。

 

-終わり-

カテゴリー: 鉄日記 | 6件のコメント

JAMへ-モデラー編-

暑い中JAMへ行ってきました。

先々週と同じように大船駅から湘南新宿ラインで大崎駅へ向かいます。ガラガラだったのでボックス席で向かいます。

 

大崎駅に着くとE235系が入庫していくのが見えました。

 

りんかい線経由で到着。

 

今年は東5東3という一番奥なので、コチラ側からアプローチしますが、誰も歩いていません。涼しくてかなりの大回りか、暑くて近道か悩むところです。

 

早速、青空臨海鉄道さんへ向かうと誰もいらっしゃいませんでした。

 

緑色のオリンピックプールならぬ運河がいい感じです。

 

本線から引っぱがされた側線跡が雰囲気をそそります。

 

どちらかは忘れましたが、踏切が鳴っていたので覗いてみると・・・

 

下にスピーカーや制御回路が置かれていました。

 

Oゲージの街並みの中をフリーの単行が行ったり来たり・・・

 

ストラクチャーは全て自作だそうです。

 

これまたどこか忘れましたが、建築模型の様なマンションがありました。

 

ビール!昨年も見かけたと思いました。

 

アイゼンバーンのモジュールをゆくレイルジェット。

 

駅舎もかっこいいです。でも、何故か左側通行で走行していました。

 

1時間後再び覗いたら、看板の位置がかわっていましたが、誰も座ってませんでした。今写真見たら黒い服の方が担当の方だったのでしょうか。ID掛けていなかったから違うような気もしました。

 

どこだか忘れましたが、PICで書いて閉そく運転やってました。

 

最後に麦れーるさん覗いて帰宅しました。京葉臨海風です。

 

照明もかっこいいです! 

 

1時間半の滞在で退場しました。

-企業編へつづく-

 

カテゴリー: 鉄日記 | 4件のコメント

保線基地モジュール-その14-

普段意外とみているようで見ていない舗装と線路の境目と、作業用踏切の処理に悩んでいます。
コンクリートで線路付近覆うと、軌道が沈下したときに結構処理が大変になるので嫌われる傾向があるのですが、コンクリートで線路を覆うときは板状に製作されたのコンクリート板を設置する事があります。
コレはN’EXから幕張付近で見た風景です。

 

2次製品などと呼ばれますが、こういう出来合のものを利用します。

モジュールでは逆に、周りのタタキコンクリート処理し踏切部分を舗装構造にします。

 

カテゴリー: ストラクチャー | コメントをどうぞ

保線基地モジュール-その13-

資材置き場への横断通路となる踏切の舗装準備が完了しました。

 

資材置き場側と事務所側の地面不陸製正を行い、塗装などの仕上げに入ります。

カテゴリー: 保線日報モジュール | 2件のコメント

信号連動盤-その1-

信号連動盤とは俗称ですが、信号機やポイントを制御するための操作盤の事とを言います。

操作方法は進路テコ式と呼ばれるテコ(ツマミ)だけで操作するモノと、

 

進路選別式というテコと押しボタン併用のモノがあります。左側のXと書かれたのが押しボタンです。

 

そのほかにテコそのものが押しボタンになった物もあります。

 

個人的にはテコだけの操作が好きなので、我が家では進路テコ式を採用していますが、進路数が複雑になると押しボタン併用式または前述の進路選別式になります。

テコには何種類か有り信号機を操作するモノやポイントを操作するモノがあります。

黒色のテコは転てつテコと言われ、ポイントを転換させます。大抵盤面の上か下に集中的にレイアウトされています。

 

赤いテコは信号機を操作するモノで、信号テコと言い場内、出発信号機を操作します。この赤色、黒色はJIS規格で統一されていて、どの鉄道会社も同じです。

 

信号テコを操作すると当該する信号機が、進行を指示する信号現示になり、制御盤上でも当該する信号機ランプが点灯し信号が赤以外の現示になったことがわかります。

 

んー、自分で書いていても難しい・・・

 

-つづく-

カテゴリー: 信号日報 | 2件のコメント

鉄道模型コンテスト

先日の日曜日に、暑い中ビックサイトで行われた鉄道模型コンテストに行ってきました。

 

大船駅から湘南新宿ラインで大崎駅乗換で向かいます。E233も見慣れてきました。

 

当日券1000円を購入して中へ。

 

大学生・企業コンテスト内のモジュール。夜景に目が行きます。

 

こういう仕掛けも気になります。

 

高校生モジュール。線路はこの下にトンネルで通してあります。欧州チックないい感じです。

 

横浜富士見丘学園(確か女子校)の露天掘りレイアウト。コレが見ていて一番飽きなかったです。

 

双腕ニブラに感動。

 

混んでいてどこだかはわかりませんが、ジブリレイアウト。

 

なかなか楽しいです。

 

関西の学校の鉄橋。聞いたら澱川橋梁だとか。鉄橋は既製品とのことでした。

 

見ていて一番涼しげなモジュールでした。

 

トンネルの開口部はおそらくジョーズだと思われる頭部ですが、かわいい目つきです。

 

これもどこの学校かは忘れましたが、四谷の雰囲気が良く出ています。

 

豊島園駅。

 

有効長を5両分にデフォルメして良い雰囲気でまとめられています。

 

優勝はコレ。広島の学校です。
ミルウォーキーの模型ショウ行ってみたいなぁ。

 

原爆ドーム付近は薄暗く飾られています。

 

さて、企業ブースへ。

 

今年は松屋に行けなかったのでコレを見たかったです。

 

カトーはユニトラックの新製品がありました。
コチラは製品名「開放ピット」だそうですが、構造名称ではないので、やっちまった感があります。

 

「車止め線路D」。コレは欲しいです。

 

トミックスはジオコレが沢山飾ってありました。

 

ポポンの安中貨物も3Dテストサンプルがありました。トキは6両12,000円です・・・

 

最後に殿堂入りしたポポンデッタの夜景モジュール。

 

かっこいい!

 

やっぱり高校生は出ることが嬉しいのか、モジュールの前で屯してよく見えない学校のもありました。それか、結果発表が終わってどうでも良くなったのか(^^;
いずれにせよ、みんなパワーと斬新なアイデアが感じられます。来年もがんばれ~!

カテゴリー: 鉄日記 | 6件のコメント